『インターネットはいかに知の秩序を変えるか?』2008-04-24

2008/04/24 當山日出夫

今日、買ってきたばかりの本。この私のブログを見ているような方にとっては、興味があるだろうと思って、紹介だけしておきたい。

『インターネットはいかに知の秩序を変えるか?-デジタルの無秩序が持つ力』.デビッド・ワインバーガー/柏野零(訳).エナジクス.2008

目次は、以下のとおり、

1.整理の新段階

2.アルファベット順とその不満

3.知識の地形図

4.まとめと分類

5.ジャンルの掟

6.賢い葉っぱ

7.社会として知ること

8.無が伝えること

9.美徳としての無秩序

10.知識の仕事

先に記したとおり、日本アーカイブズ学会に行ってきたが、「デジタルアーカイブ」という用語には、いろいろな観点の相違があるようだ。その一つを解明するキーとなるのが、「知の秩序」という見方であろう。図書館関係の人の読後感など、是非、読みたいものである。

當山日出夫(とうやまひでお)

『理系のためのフリーソフトVer.2.0』2008-04-24

2008/04/24 當山日出夫

これも、今日、買った本。フリーソフト集(一部、シェアウェアをふくむ)である。フリーソフトであるから、すべて、インターネットで、タダで手に入る。だから「本」で買う必要などない……と言ってしまえばそれまでである。しかし、一般に、どのソフトが「定番」として使われているのか、また、バグがあるとすれば、どのようなものか、既存の市販ソフトとの整合性はどうか、わりと細かに解説がついている。もちろん、CD-ROMも。

書名が『理系の……』とあるからと言って、文系の人間が手を出さずにおくのはもったいない。CD-ROMつきで、かつ、解説の価値を考えれば、1400円は、そう高いものではないと思う。

なお、この本の「はじめに」のところで、ここに収録したソフトは、フリーであるから、配布(コピー)が自由であると、明記してある。当たり前のことであるが、これは、きちんと書いておくべきことである。

『理系のためのフリーソフト Ver.2.0』.講談社サイエンティフィック(編).講談社.2008

當山日出夫(とうやまひでお)