日本アーカイブズ学会 (1)2008-04-27

2008/04/27 當山日出夫

4月19・20日と、日本アーカイブズ学会に行ってきたので、その私的なレポートを記していきたい。

そもそも、何故、私が、日本アーカイブズ学会に出て見ようと思ったのか、という点からいえば、いろいろ事情がある。

まず、立命館のグローバルCOE(日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点)にかかわるようになると、どうしても、中核となるCH研究会や「じんもんこん」だけではなく、周辺の研究会・学会などに、関心を持たざるをえない。

世の中が全体として、種々の文化事象をデジタルであつかおうとしているのか、さまざまな視点から、各種の動向を把握しておく必要があると、私は、思っている。つまり、全体のなかでの、自らの位置づけを常に確認しておく必要性ということである。なお、この点では、ARGは非常に参考になる。

CH研究会や、GCOEでは、デジタルアーカイブという言葉を非常によくつかう。いや、使うようになった、というべきであろう。きちんと構造化されたデータベースでもないし、ただ、データをコンテンツとしてため込んだだけのものでもない……というあたりから、デジタルアーカイブという用語が使われるようになったのだと思うが、このあたり、永崎研宣さん論文を読み直して、あらためて考えてみなければならない。

が、ともあれ、「デジタルアーカイブ」という用語を、さかんにつかいながらも、その本家本元というべき、「アーカイブ」の専門家は、いったいどう「デジタル」について考えているのか、知っておくべきであろうと考えた。

それともう一つの理由は、今年度、映像学部の「デジタルアーカイブ論」なる授業を担当することになったので、急遽、「アーカイブ」について勉強しなければならない、さらに、その「デジタル」の意味について考えなければならない、という状況になった、ということもある。

19日の初日は、会員による総会と、その後の講演会(石井米雄さん)、懇親会であった。

正直な感想を言えば……知った人がほとんどいない。懇親会に出て、すでに顔なじみであった人といえば、八重樫さん(静岡大学)と研谷さん(東京大学)の二人だけ。いいかえれば、CH研究会などで常連である情報工学系、あるいは、私のような、人文学の側からコンピュータを使っている研究者、このようなメンバーが、ほとんどいない。「じんもんこん」の懇親会であれば、話しをする相手に困らないが、アーカイブズ学会の懇親会では、話しをする相手がほとんどいなかったというのが実情。翌日に発表の明星さん(埼玉大学)はいなかったし。

つまり、これは、そもそもの、人的な交流の欠如、と言っていいかもしれない。これは、今後、双方の分野にとって、不幸なことになりかねない。仄聞するところでは、アーカイブの専門の人たちの間では、「デジタルアーカイブ」の用語に批判的であると聞く。一方、CHなどの側からは、これまで積極的に「アーカイブ」とは何であるか、という問いかけをしてこなかった。ただ、今のCH研究会になって、主査・幹事の鈴木さん(歴博)の意向で、研究会のときに「アーカイブ」小特集を何度かやろうという動きになっているのは、よろこばしいことではある。

まあ、ともあれ、自分自身で、学会に足をはこんで、どんな様子か見てみよう。学会・研究会の口頭発表を聞くのが、一番、その分野でのものの考え方を知るのにてっとりばやい。

というわけで、日本アーカイブズ学会に出かけていった次第である。2日目の各研究発表やシンポジウムについての感想は、次回以降に記す。

當山日出夫(とうやまひでお)

長尾真先生とリポジトリのことなど2008-04-27

2008/04/27 當山日出夫

現在の国立国会図書館長の長尾真先生とは、幾度か会っている。最近では、人間文化研究機構の資源共有化記念のフォーラムにおいて。かなり以前のことになるが、CH研究会でも、お話ししたことがある。実は、このブログの運営主体である、アサヒネットがパソコン通信であった時代、長尾真先生の門下の方と知り合いであった。

先日の、ARGのオフ会(京都)でも、国会図書館の方たちを話しをしたが、非常に、職員の人たちから、慕われているという印象を得た。

これとは別に、本の問題である。

私が見ているブログのひとつに、茗荷バレーで働く社長の日記、がある。その2008年4月27日で、長尾真先生の発言にふれてある。

http://d.hatena.ne.jp/myougadani/

ここで触れてある問題は、単に、図書館・出版業界の問題ではない。朝日新聞の4月11日(大阪版・朝刊)、大学などの機関リポジトリのことがとりあげられている。現在、その記事そのものをオンラインで見ることはできないが、次のHPに記録がある。

Digital Repository Federation

http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?press

この問題も、結局は、有料・無料の対立点がある。

ただ、この問題について、純然たるユーザの立場、あるいは、研究者の立場からいえば、機関リポジトリには、おおいに賛成である。

第一に、自分が読みたい論文が、すぐに読めること。

第二に、これは、上記のことの裏返しであり、あまり多く人は言っていないようであるが、自分の論文が、より多くの人に読んでもらえること。これが、最も研究者としては、重要なことだと思っている。

私は、有料であってもよいと思う。図書館(公立の図書館であれ、大学の図書館であれ)まで出かけていく交通費と、コピーの代金、それと、その便利さを総合的に判断してということになる。

しかし、だからといって、紙媒体が不必要とは思わない。情報処理学会でも、電子ジャーナル化の方向に向かって動いているようであるが、研究会報告などは、紙であった方がよい。

なんとか、紙メディアと電子メディアとが共存するシステムを考えなければならないだろう。デジタルアーカイブの議論も、このことを、ふくむものであるべきだと考える。このあたり、「アーキビスト」の人たちがどう考えているか、今後、見ていきたいものである。

「投げ銭」も一案であろう。また、有料のメールマガジン、例えば、「サイエンス・メール」などもあっていいだろう。ただ、デジタルの世界では、物理的にモノ(=書籍)を所有するという概念・発想自体が、崩壊するのである、という認識は必要かと思う。

當山日出夫(とうやまひでお)