『思想地図』:研究者は自分の年齢を言うべきか2008-05-01

2008/05/01 當山日出夫

日本語学(国語学)などという分野にいると、他の研究分野と決定的に違うと感じることがある。それは、研究者が、自分の年齢を、おおやけにする、という暗黙のルールがある、ということである。

たとえば、『日本語の歴史』というタイトルの本は、今、2種類ある。亀井孝らによる、平凡社版(現在、平凡社ライブラー)。それと、岩波新書の、山口仲美『日本語の歴史』である。個人的には、山口仲美先生も、また、山口佳紀先生も、存知上げているのだが、それはさておき、岩波新書版の『日本語の歴史』の奥付にある、著者の紹介欄には、生年が記してある。

通常、女性が著者である場合、その生年は、記さない。だが、「ことば」の研究者は、自分が、いつ生まれたか、つまり、何時の時代の日本語を習得して育ったか、これは、研究者として必須の情報である。ゆえに、女性であっても、基本的に、その年齢(生年)は、公開しなければならない。

と、このように書いたのは、今日、京都からの帰りに買ってきた本。

『思想地図 Vol.1』(NHKブックス).東浩紀・北田暁大.日本放送出版協会.2008

これは、その是非や賛否はともかく、「世代」を強く意識して編集してある。この本については、もろさんがブログで言及している。最近のものは、

http://d.hatena.ne.jp/moroshigeki/20080427/p1

思想の世代・・・というものは、どう考えるべきか、このあたりから、私などは考えてしまう。

なお、同時に買ったのは、

『情況への発言 全集成』1・2.吉本隆明.洋泉社.2008

それから、今朝の新聞の「さんやつ」に載っていたのが、内田義彦と谷川俊太郎の対談集(藤原書店)、見て、すぐに、オンラインで注文してしまう。

いまどき、吉本隆明・内田義彦などを読もうとうのは、やはり、ある時代を生きた世代にとってのことかもしれない。

當山日出夫(とうやまひでお)

マンガを読む順番2008-05-01

2008/05/01 當山日出夫

パラレルテキストについて、少し自分の考えを記してみたい。

パラレルなマンガ

http://d.hatena.ne.jp/moroshigeki/20080501/p1

言語は、基本的に、直線的(シーケンシャル)なものである。文字化した場合、パラレルテキスト、というものは、多様なありかたで存在するであろう。

漢籍であれば、本文があって、さらに、それに「注」「疏」が膨大に付加されている場合がある。この場合は、階層構造をもっているわけだが、読者の頭のなかでは、ある種のパラレルテキストを構成している、と言えるかもしれない。

あるいは、日本文学での和歌の本歌取りの技法。実際に表現された言語としては、シーケンシャルなひとつのものしかない。しかし、その歌を享受する側は、複数の歌を、レイヤーとして意識のなかで重ねている……このように見ることもできよう。

それから、いまだによく分からないのが、マンガを読む順番。コマ割、ではない。絵の方を先に見るか、文字(せりふ)の方を、先に見るか、である。少女マンガにおける、高度なテクニックとしての、パラレルテキストではなく、もっと低次元の問題として、である。

読者の自由と言ってしまえばそれまでだが、これについては、実証的な研究はあるのだろうか。つまり、読者の視線を記録する、認知科学の実験である。(ただ、私が、知らないだけなのであろうが。)

當山日出夫(とうやまひでお)

日本アーカイブズ学会(3)2008-05-02

2008/05/02 當山日出夫

自分でいうのも奇妙かもしれないが、ブログのメッセージを書くとき、必ず、自分自身で、その日付と私の名前(當山日出夫と、その読み方=とうやまひでお)、を記載している。これは、ブログというメディアにおける特性を配慮して、意識的に付加している、メタデータである。下記の『電子記録のアーカイビング』で指摘の問題に通ずる。

ともあれ、映像学部で「デジタルアーカイブ論」を教えるということで、アーカイブについて、にわか勉強、というのが正直なところ。ようやく、昨日から今日にかけて、

『アーカイブズを学ぶ』.小川千代子(ほか).岩田書院.2007

『電子記録のアーカイビング』.小川千代子.日外アソシエーツ.2003

を読んだという次第。アーカイブそのものについては、既に、『アーカイブズ事典』などで概略は理解していたつもりでいるが、上記の本は、それぞれに、おもしろい。私のような、人文情報学や、近縁の情報工学の立場から見ると、種々の問題点が見えてくる。これについては、追って書いていきたい。

ところで、日本アーカイブズ学会の研究発表。私のいた会場の2件目の発表は、

筒井弥生さんの「『渋沢栄一伝記資料』収集資料のアーカイブズ的考察」

筒井さんは、現在は、学習院大学の大学院において、アーカイブズ学専攻で学んでいる学生。以前は、アルバイトとして、渋沢財団の方で、アーカイブにかかわる仕事をしていた、とのこと。だから、渋沢財団ととしての、正式の見解という発表ではないのであるが、アーカイブというものの本質を、わかりやすく解説してくれる発表であった。

まず、第一に、渋沢栄一についての、諸資料の整理・収集という意味でのアーカイブのありかた。

次に、第二に、渋沢の伝記を執筆するプロセスで発生した諸文書の記録・管理について。

この二つの、異なる次元のアーカイブについて、きわめて手際よく、また、具体例を示しながら、解説する発表であった。

渋沢財団のビジネスアーカイブの意義を理解するうえでも、非常に参考になる発表であった。

なお、日本アーカイブズ学会には、先ほど、インターネットで、入会を申し込んでしまった。所属学会も整理しないといけないのだが、今後のことを考えると、人文情報学において、また、私の専門である文字研究の領域においても、アーカイブは、種々の論点を整理するキーワードになる、と判断した。

當山日出夫(とうやまひでお)

ダーウィンの全資料のデジタル化2008-05-02

2008/05/02 當山日出夫

情報源は、トラカレ

http://torakare.com/

http://www.technobahn.com/news/2008/200804181825.html

英国、ケンブリッジ大学で、進化論の提唱者である、ダーウィンの自筆資料なで、デジタル化し、公開している。

http://darwin-online.org.uk/

さて、これは、強いて言うならば、「デジタル・アーカイブ」であろうか、それとも、「デジタル・ライブラリ」なのであろうか。いずれにせよ、デジタル・ヒューマニティーズにおける貴重な仕事であることは、間違いない。

英国のHPの名称は、

The Complete Work Charles Darwin Online

この名称のとおり、ダーウィンの仕事を網羅的に収集してあり、かつ、テキストと画像(さらには、PDFでも)が用意されている。このようなサイトを構築できるのは、膨大なダーウィン研究があってのうえのことであろう。

これに匹敵するだけのものが、日本で、どれほどあるだろうか。

たとえば、慶應のデジタルギャラリーでは、福沢諭吉の著作のデジタル画像が見られるようになっている。しかし、その著作のテキストデータ化は、まだこれからである。

http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_about.html

デジタル・アーカイブであれ、デジタル・ライブラリであれ、まずは、そのコンテンツについての研究が必須であることを、強く感じる。まさに、デジタル・ヒューマニティーズの「かがみ」として見る価値があると思う次第である。

當山日出夫(とうやまひでお)

『学問のリレーのために』2008-05-02

2008/05/02 當山日出夫

笠間書院のメールマガジンを見ていて、そのHPに掲載がある。

「学問のリレーのために」

http://kasamashoin.jp/2008/04/post_464.html

そのPDF版が自由にダウンロードできる。

http://kasamashoin.jp/shoten/kawahira.pdf

はっきりいって、私は、中世和歌の分野については、まったく専門外である。まあ、大学が国文科出身で、古典テキストを読むことを続けてきているから、論文を読めば、その言わんとするところは、なんとか理解できるか、という程度。

それよりも、このような形で、これは、ある意味で、出版社の広告にすぎないともいえるが……中世和歌和歌研究者たちの発言を、まとまった形で読める、それも、インターネットで、無料で、ということは、よいことだと思う。

全体からみれば、『中世和歌テキスト論 定家へのまなざし』の刊行コストの一部、ということになるのであろう。有料の本と、無料でのインターネット上での情報、このつかいわけ、あるいは、ミックスのさせかたが、今後の出版ビジネスのひとつのあり方を示しているかとも思う。

當山日出夫(とうやまひでお)

『思想地図』:初音ミク2008-05-03

2008/05/03 當山日出夫

NHKブックス別冊の『思想地図』を、気のむいた箇所から読んでいる。そのなかで、興味をひくのが、「データベース、パクリ、初音ミク」(増田聡)。

著者の増田さんの自身のブログでも、あつかっている。

http://d.hatena.ne.jp/smasuda/20080424

また、この論考については、もろさんが既に言及している。

http://d.hatena.ne.jp/moroshigeki/20080427/p1

ここで著者が指摘していること、例えば、

>>>>>

データベース的な環境の中で、人格もまたキャラクター的なもの、一定の情報の束として認識されるようになる。人格が不透明な厚みを持った存在(近代的な主体)ではなく、共有可能性を持った属性=情報の組み合わせ(キャラクター)として理解されるのであれば、他の人格の中に「同じ情報」が含まれていることに気づいたならば、それは「自分を盗まれた」感情を触発することになるだろう。(p.165)

<<<<<

この主張は重要であると、私は思う。ただ、この論考のもとになっているはずの、東浩紀のものを、不勉強で読んでいないので、この点を保留してという条件つきで、こうも考える。

単なる用語の問題であるが、なぜ「データベース」なのだろう。「データベース」の語は、情報工学の方面では、かなり厳格な定義のもとに使用する。単なるデジタル化したコンテンツの集合・蓄積ではなく、構造や整理された秩序、さらには、他のデータベースとの連携、そして、検索などの利用者の要求に的確にこたえるものでなければならない。

現在、人文情報学(デジタル・ヒューマニティーズ)の分野では、「データベース」「デジタルアーカイブ」「デジタルドキュメンテーション」など、種々の用語をめぐって、混乱状態にあるといってよい。私個人としては、この状況について、「アーカイブ」を軸にして整理をしてみようと思っている。たぶん、これから、いくつかの学会・研究会などで発表することになるだろう。

話しをもとにもどして、初音ミクが、キャラクターとして成立していくプロセスは、増田さんの指摘のとおりだと思う。その議論の前提として、「データベース」「情報」がある。

では、ここでいう「データベース」とは何だろう。少なくとも、情報工学などの専門用語としては、使っていない。しかし、現在、「データベース」という用語によってしか、表し得ない「なにか」があることは確かだと、思う。

ところで、初音ミクの「アーカイブ」が出現するだろうか。ひょっとすると、すでにあるのかもしれない。場合よると、「ニコ動」について、「初音ミク・アーカイブ」と認識する、若い人たちがいるのかとも思う。(私が知らないだけだろう。)

もちろん、これは、本来の「アーカイブ」の用語の定義からすれば、まったく間違い・誤用である。しかし、人がことばを自由に使う以上、「初音ミク・アーカイブ」の語が流通しても、不自然ではない。

本来は、きちんとした専門用語であった「データベース」「アーカイブ」、これらの用語が、一般に拡散していくとき、何をどのように表すことばとして使われていくのか、可能なかぎり(時間の許す限り)、見ていきたいと思っている。

増田聡(2008).「データベース、パクリ、初音ミク」.『思想地図 Vol.1』(NHKブックス別冊).日本放送出版協会

これから、『言葉と科学と音楽と』(谷川俊太郎・内田義彦)を、読もう。

當山日出夫(とうやまひでお)

『思想地図』:ボーカロイドからボイスロイドへ2008-05-03

2008/05/03 當山日出夫

『思想地図』の増田論文についての続きである。

http://d.hatena.ne.jp/smasuda/20080424

初音ミクは、ボーカロイド(VOCALOID)として、世にでたものである。それが、ボイスロイド(VOICELOID)に変わっている。

「ボーカロイド」であれば、音楽の素材としての音源を提供するものとしてのニュアンスをふくむ。しかし、これが、「ボイスロイド」になると、単なる音源素材であることをやめて、人間の声となり、キャラクター化している、と言えるであろう。

音楽における人間の声のセクションが、ボーカル(VOCAL)である。それが、ボイス(VOICE)なるということは、単なる「声」になる(音楽でなくてもよい)、ということへの変容を意味している。

個人的なことであるが、我が家の子供(中学生と大学生、女の子)に、初音ミクのことを話題に出してみたら、即座に、ボイスロイド、と言った。で、グーグルで検索をかけると、さほど上位にではないが、ボイスロイドで、初音ミクにたどりつく。

それはさておき、「デジタルアーカイブ論」の授業、そろそろ、来週ぐらいから、本格的に、デジタルのアーカイブについて、話しをすすめることになる。これまでは、そもそも「アーカイブ」とは、どういう用語であるのか、という、アーキビストの立場からの解説。次からは、そうではない、アーカイブ。映像学部であるから、創作の素材提供としての、各種画像データや、モーションキャプチャのデータについて、語ることになる。

学部のカリキュラムとしては、画像・映像を中心としたものとなっている。だが、考えてみれば、音声もまた、創作活動のための素材の一つである。「デジタルアーカイブ論」で、初音ミクについて語るというのは、学部の方針には反することになるだろから、やめておくつもり。

ポピュラーカルチャーについて教えるのは難しい。たいていの場合、教える教師よりも、学生の方が、「知識」としてはよく知っている、ということがある。教師は、それに対して、「方法論」で立ち向かうことになる。これこそ、「知」の勝負である。

當山日出夫(とうやまひでお)

『言葉と科学と音楽と』2008-05-04

『言葉と科学と音楽と』

2008/05/04 當山日出夫

出版社で選んで本を買う、ということは、あまりない。が、なかには、この出版社なら、という場合が、まれにある。現在であれば、人文学系においては、藤原書店が、その一つかもしれない。

このような出版社の一つとして、かつては、北洋社があった。私が持っている本では、『ロシア的人間』(井筒俊彦)、『戦艦大和ノ最期』(吉田満)。『戦艦大和ノ最期』は、出版の経緯があって、いろいろ異本がある。北洋社版は、その時点において(つまり、私が学生のころであるが)、著者の眼を経た決定版ということになる。

で、『言葉と科学と音楽と』。谷川俊太郎と内田義彦の対談集。まさに異色の組み合わせである。

内田義彦は、今でも岩波新書で本が読める(はず)である。『社会認識の歩み』『資本論の世界』など。学生のころに読んだ。しかし、今の、若い人たちにとっては、疎遠な存在であろう。

谷川俊太郎は、いまでも、知られている。私にとっては、アニメ「鉄腕アトム」の作詞者であり、また、『死んだ男の残したものは』がいい。なお、『死んだ男の残したものは』は、いろんな歌手が歌っているが、私のおすすめは、石川セリ。この作曲は、武光徹。

石川セリを歌手として知っていることは、ある時代をしめしているのだが、話しをもとにもどして、『言葉と科学と音楽と』。

1980年から82年にかけて、『広告批評』に掲載された、3回の対談を集めたものである。「音楽 この不思議なもの」「広告的存在としての人間」「にほん語が言葉になるとき」、からなる。そのなかで白眉というべきは、第2章にあたる「広告的存在としての人間」。

今、インターネットの時代になって、広告は大きく変わろうとしている。TVCMや新聞広告にかわって、インターネット広告(特に、グーグルとアマゾン)の存在感が、圧倒的な強さを感じさせるようになってきている。このようなことは、言うまでもあるまい。

だが、このような広告のメディア激動期にあって、人間の表現行為としての広告をとらえている。ここで語られる内容は、今でも、十分に価値がある。また、人間の消費行動の意味もとらえている。

何故、人は「や~き~い~も~」の、売り声を聞くことによって、焼き芋を買うのか。生活のための、食料確保ではない。焼き芋のシーズンになって、焼き芋を食べている自分、そのために買っている……と、指摘する。

広告論、表現論、メディア論……総合的に、これほどの考察が、今から、20年以上も前になされていたとは。

『対話 言葉と科学と音楽と』.谷川俊太郎・内田義彦.藤原書店.2008

當山日出夫(とうやまひでお)

『ARG』321号:知事のHPのデジタルアーカイブ2008-05-05

2008/05/05 當山日出夫

ARGの321号について。

「アーカイブ」「デジタルアーカイブ」の視点からは、やはり、大阪府と熊本県の知事のウェブの一貫性の問題。これは、きわめて時宜を得た問題点の指摘であると思う。

「アーキビスト」を公的な資格(大学院修士課程)とする動きがある。そのなかで、「デジタル」のコンテンツを、いかに保存するか、が重要になってくる。

結論からいえば、ウェブ・コンテンツは、その文書の発生時点において、デジタル、である。ひょっとすると、知事が、原稿用紙にペンで書いたものを、エディタで入力して、ということもあるかもしれないが、まあ、たぶん、これはないだろう。

このとき、コンテンツの保存については、

第一に、文書の発生の時点において、デジタルであるものは、デジタルアーカイブとして保存するべきである。

第二に、文書の構造(文書群全体の中での位置づけ)が重要である。この視点からは、他のウェブ・コンテンツとの関係(リンクの関係)が重要。これも保存の対象となる。

第三に、文書は、テキストである(文字だけ)。しかし、ウェブとして公開されたときには、なにがしか、デザイン的要素をともなう。これもまた、デジタルの環境のなかでしか保存できないものである。

第四に、最終的な公開コンテンツにいたるまでの、草稿段階の資料があるならば、それも、資料館・公文書館において保存すべきである。これは、プリントアウトの紙かもしれないし、WORD文書やPDFにコメントのついたものかもしれない。どのようなプロセスで、公開の最終稿にいたったのか、その過程の資料も重要である。これも、デジタルアーカイブでしか、残せないものである可能性がある。

知事のウェブでの発言記録は、公文書である。それを残すには、デジタルアーカイブしかない。このことに、アーカイブにかかわる人たちは、もっと積極的にとりくむべきであろう。

他にも、ARG321では、面白い記事があるが、とりあえず、今の、私の関心からは、以上のことを記しておきたい。

當山日出夫(とうやまひでお)

追記

ARGのURLとトラックバックの指定を忘れてしまったので、ここに記す。

ARG

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/

知事HPについては、

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080505/1209918278

デジタル・キューレーション2008-05-05

2008/05/05 當山日出夫

今から考えれば、この集まりには、行っておくべきだったと、残念でならない。

2008年3月15日 慶應DMC

シンポジウム デジタル映像アーカイブズの可能性 大学ミュージアム=アーカイブズを考える III

「デジタルアーカイブ」の授業の準備で、あれこれと、グーグルで検索をかけてみていると、「デジタル・キューレーション」の語が目についた。そこからリンクをたどっていくと、上記のシンポジウムで、次の発表があった。

デジタル・キューレーションの可能性 -食卓に映しだされた“昭和”と日本の生活文化-

岩渕潤子(慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構教授)

ここで触れられている、『食卓に映しだされた“昭和”と日本の生活文化』は、

http://www.documentshowa.jp/

である(と、判断する)。なお、このHPは、大日本印刷の、artscape からもたどれる。

アートスケープ

http://www.dnp.co.jp/artscape/index.html

デジタルアーカイブスタディ

http://www.dnp.co.jp/artscape/artreport/study/0803.html

『食卓に~~』は、俳優・三木のり平が出演したTVのCMの、デジタルアーカイブである。作っているのは、なんと、文化庁、である。(ただし、「食滞に~~」をキーワードにしても、グーグルでは出ない。英語で、「History of Showa」を入れると、トップに出る。

それはともかく、すでに、「デジタル・キューレーション」の語が使われはじめていることには、注目しなければならない。そして、英語で、「Digital Curation」で、グーグルで検索をかければ、膨大なヒット数である。

私が無知であったと言われればそれまでであるが、「デジタルアーカイブ」の是非をめぐって議論している、日本のアーカイブの状況が、なんとも情けなく思えてならない。

このような日本の状況については、「デジタルアーカイブ論」の授業で語ることにしよう。しかし、後、実質的に3回しかない(映像学部は、クオータ制なので。)

當山日出夫(とうやまひでお)

付記

キューレーター、キューレーションの語は、あまり日本語として定着していない。うっかりそのまま使ってしまった。キューレーターは、日本語でいえば、博物館・美術館の学芸員のこと。キューレーションは、その仕事のこと、になる。

英和辞典をひくと、「館長」の訳語がでる。しかし、図書館・美術館の管理責任者というべきであろう。