新常用漢字:国語と日本語と「葛」2008-06-01

2008/06/01 當山日出夫

新常用漢字について、さらに考える。

新常用漢字については、小形さんのブログ「もじのなまえ」に詳しい。

http://d.hatena.ne.jp/ogwata/20080526/p1

常用漢字について考えるとき、「国語」における漢字であるのか、「日本語」における漢字であるのか、本当は、このあたりから、きちんと議論しないといけない。

現実的には、言語の使用者として、「国語」としての日本語の範囲と、「日本語」の範囲は、ほぼ重なる。日本語を母語とする人は、その大部分が、日本という国のなかに居住しており、また、日本国以外では、日本語は、ほどんどつかわれない。さらに、日本国内では、日本語だけである。

なお、上記の表現は、PC(政治的な正しさ)ではない。日本国内にネイティブに存在する言語は、日本語の他に、アイヌ語と、琉球語がある。(このことは、承知のうえで書いている。)

ついでにいえば、日本語が日本国の公用語であるという法的な規定は、どこにもない。日本国憲法を日本語で書く、ということは、憲法それ自体の内部に記されてはいない。

新常用漢字は、公的に規定されるものである。現行の常用漢字は、内閣告示によっている。また、一般の日本語の表記にとっては、「目安」であるにしても、公用文は、常用漢字の規定をうける。だからこそ、日本の都道府県名が、完全に書けない、現在の常用漢字は不備があることになる。例えば、「熊(熊本)」「岡(岡山)」「栃(栃木)」などである。

この意味で、「葛」は、どうなるのか。東京都葛飾区では、「人」の「葛」。奈良県葛城市では、「ヒ」の「葛」である。

東京都葛飾区 区役所

「葛」を表記するときの「葛」の字の不思議

http://www.city.katsushika.lg.jp/aisatu/katsushikakunituite.html#katunoji

奈良県葛城市 市役所

市名の「葛」の字について

http://www.city.katsuragi.nara.jp/katsuragi/katsu.html

結論としては、葛飾区と、葛城市では、異なる文字(異体字)を使用している。そして、現状では、この対立の妥協点は、見いだせない。

それは、この「葛」が印刷標準字体(表外漢字)で、「葛(人)」になっていること。そして、「0208」と「0213:04」で違う。簡単には、旧XPと、新VISTAでは、二者択一で、いずれか一方しか見えない、ということである。

新常用漢字が、「日本語」の文字を規定するのであるならば、許容の範囲である。しかし、「国語」の文字を規定すると考えると、基本的な行政単位、都道府県、さらには、市区町村、の名称は、ただしく表記できないといけないだろう。市区町村の作成する、公用文は、常用漢字の適用外である、という規定を明言するな、それでよい。しかし、公用文になにがしかの影響力を持つものとして、制定するならば、「葛」は、どうするのか。

いっそのこと、常用漢字外、つまり、新常用漢字には入れない、にするのが、最も妥当な方法であろう。

はたして、都道府県名と、市区町村名で、漢字の使用レベルをわける、という合理的な説明が可能であろうか。

當山日出夫(とうやまひでお)