専攻の壁・学科の壁・学会の壁2008-06-03

2008/06/03 當山日出夫

蒼猴軒日録での、コメントについて。

http://d.hatena.ne.jp/morohiro_s/20080528

ここで、美術・映像関係の学会が紹介されている。佐藤さんに感謝。

私自身は、大学は、文学部国文科で、日本語学(国語学)を勉強したから、主な、日本語学や日本文学関係の学会の事情は、なんとなく、経験的な知識としてある。

たとえば、日本語学会(旧・国語学会)、訓点語学会、方言研究会、近代語学会、計量国語学会、社会言語科学会、など。

あるいは、文学関係であれば、上代文学会、中古文学会、中世文学会、近世文学会などの時代別の、学会。上代でも、さらに、万葉学会、古事記学会、などがある。また、和歌、説話、仏教文学などの、諸学会。

デジタル&インターネットの時代になって、これらの学会の情報が横断的に分かるようになったか、というと、必ずしもそうではない。やはり、大学の中の学部の中の学科の中の、さらに、それぞれの研究分野の単位というものは、厳然として存在する。

ARGや、笠間書院メールマガジンは、すばらしいとは思う。しかし、それでも、文学関係と、映像・美術関係を、つなぐのは困難な状況かもしれない。

笠間書院

http://kasamashoin.jp/

文学研究でも、絵巻・奈良絵本など、絵画にかかわる資料をあつかう。また、写本の画像データも利用するようになってきている。私の専門である、文字研究では、文字の画像データ無しには、もはや研究できないとい言ってもよい。 近世文学研究では、本の挿絵や、浮世絵などは、必須の研究テーマである。

今後は、映像・画像関係の学会や研究会情報にも、目をくばらないといけない。

単に、技術的には、インターネットで横断的に……というのは簡単である。しかし、実際に、個々の研究者単位での研究テーマや、その対象を、つなぎあわせるのは、まだまだこれからかな、という印象ともつ。つまり、『デジタル・ヒューマニティーズ』は、まだまだ、これからであると、思う次第である。

実は、これは、今日のGCOE火曜セミナーでの発表(英語)を聞いていて、漠然と感じた印象。

http://www.ritsumei.jp/humanities/index_j.html

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/06/03/3560666/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。