デジタルアーカイブできないもの「伝承」について考える2008-06-04

2008/06/04 當山日出夫

デジタルアーカイブ技術の授業、明日から、2Qがはじまる。最初は、授業の概要について。学生には、レポートで、ゲストスピーカ(3回)の先生の話しについて、「それを事実として要約せよ」とする。「意見は書くな!!」である。

心配なのは、「事実」と「意見」の違いが、分かっていてくれるかどうか。作文技術の授業ではないので、この点にあまり深入り余裕はない。『理科系の作文技術』(中公新書、木下是雄)などを、紹介する程度。

ところで、時間割と、ゲストスピーカの先生の都合で、1回は、私がはなさないといけないことなっている。

いっそのこと、デジタルアーカイブできないものとは、という方向で話しをする予定。

参考にする本は、

『芸能の〈伝承現場〉論』.大石泰夫.ひつじ書房.2007

『日本の「わざ」をデジタルで伝える』.渡部信一.大修館書店.2007

いたずらに、デジタル万能主義でもなく、また、デジタル忌避でもなく、現在の技術で何が可能かということ、そして、「伝承」という問題について、考えることにしたい。

「伝承」ということ、たまたま、慶應の文学部国文科で学んだ経緯があるので、柳田国男や、折口信夫、から、いまだに離れられないでいる。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/06/04/3561549/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ はかとも/無縁の彷徨 - 2008-06-05 20時00分02秒

てなテーマで課したレポートに対して、つい先日コメント付けて返したところなんです。そしたら巡回先で共鳴しそうな話題がちらほらと。 デジタルアーカイブできないもの「伝承」について考える: やまもも書斎記 伝統芸能のデジタル化は何をデジタルにすべきか - Under the H

_ もろ式: 読書日記 - 2008-06-08 03時36分30秒

皆、同じようなことを考えているなぁ、と思う今日この頃。 デジタルアーカイブできないもの「伝承」について考える: やまもも書斎記 伝統芸能のデジタル化は何をデジタルにすべきか - Under the Hazymoon 「技能と身体」 - はかとも/無縁の彷徨 私が最近読んだのはこれ: