JADS(3)2008-06-13

2008/06/13 當山日出夫

『非/アートとしてのマンガの収集・保存・公開に関する諸課題』

吉村和真さん

まず、吉村さんの肩書きであるが、論集には次のように記されている。

京都国際マンガミュージアム 京都精華大学国際マンガ研究センター 研究統括室長

京都精華大学マンガ学部准教授

実は、「京都国際マンガミュージアム」というのは、法人ではない。いいかえれば、法的には、博物館・美術館・図書館ではない、ということになる。建物は、以前の公立小学校(龍池小学校)。それを、地元の人と、京都市と、精華大学で、共同で、運用している、ということらしい。

この事情は、HPにも記載されている。

http://www.kyotomm.com/

現在は、これでいいのだが、将来はどうなるか、やや個人的には不安にならないでもない。司書・学芸員がいないということであり、あるいは、コレクションの所有権は、誰なのか、このあたりがはっきり見えない。(これは、私の誤解であるかもしれないし、杞憂であるのかもしれない。間違っていたら、指摘してほしい。)

ところで、吉村さんの発表自体は、とても興味深いものであった。まず、発表の視点の設定がいい。「非/アートとしてのマンガ」である。これを、「アート・ドキュメンテーション学会」で発表するのは、かなりのインパクトがある。少なくとも、私は、このように感じた。

マンガが「アート」であるか否か、これは、議論が分かれるかもしれない。それを、逆に、「非/アートとしてのマンガ」として、「非/アート」でないものを、「アート」として定義可能かどうかを、問いかけることになる。

そして、重要なのは、かりに、手塚治虫のマンガを「アート」として認定するとしても、その背後には、B級・C級クラスの、読み捨てにされる、即、ゴミにされてしまう、膨大な作品がある、という指摘。また、このような、B級・C級クラスのマンガこそ、コレクションが難しい。

このあたりの発想、私が、昔、慶應の国文科で学んだ、折口信夫の用語でいうところの「文学と文学以前」に相当するのかとも、思う。「A級作品」、あるいは、「文学」だけを見ていたのでは、それを支える社会・文化の全体像が見えない。ゴミとして棄てられたものこそ、文化史的には価値がある。

「非/アート」という視点から「アート」を見る、これが、この発表の眼目であると、思った次第である。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/06/13/3575981/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。