JADS(6)2008-06-26

2008/06/26 當山日出夫

JADSで発表のあった、「写し絵」。これは、江戸時代からつづいてる、伝統的な、映像(動画像)芸術である。発表においては、すくなくとも、昭和2年まで、上演されていたと記録があるよし。

「写し絵」それ自体については、そのサイトを、みてもらう方がよいであろう。

みんわ座

http://www.t3.rim.or.jp/~minwaza/

シンポジウムでの発表においては、つぎのような指摘があった。「写し絵」は、江戸時代からつづいてきた、「芸能」(あるいは「娯楽」)である。それが、昭和のごく初期までは、実際に上演されていた。一般には、「写し絵」の衰退は、他の娯楽、その典型が「映画」の普及によるものであると、かんがえられている。しかし、大正末~昭和初期にかけて、全国に、いったいどれほどの映画館があったであろうか。都市部にはかなりあった。しかし、農村地域はどうか。

映画の上映施設がない村落においては、「写し絵」は、ごく日常的な「芸能」「娯楽」であった。それが、衰退して滅亡していくのは、その上演技能をもったひとびとが、いなくなってしまったから。歴史上、この時期は、日本が経済的に非常なダメージをこうむった時期でもある。農村は疲弊する。「芸能」のにないてがいなくなれば、その「芸能」は、ほろびざるをえない。

この説の妥当性はともかく、「芸能」の伝承には、まず「ひと」が必要である、ということの認識は、ただしい。「ひと」から「ひと」へと伝承される、また、そうであるがゆえに、あたらしい「ひと」が、あたらしい時代のながれをうけて、あらたな「芸能」の世界をきりひらいていく。

「芸能」の伝承とは、「ひと」から「ひと」へとうけつがれていくものである、ある意味で、流動的な要素をふくんでいる。これをいいかえれば、時代にあわせて変容していくダイナミズムが、そこにはある。

これを、「アーカイブ」として、固定化してしまうことは、「芸能」の伝承行為がもっている、エネルギーを枯渇させてしまうことに、つながりかねない。

そして、重要なことは、「芸能」の伝承には、「ひと」と「道具」の、二つが必要であるということ。では、いま、「写し絵」の「道具」は、いったいどのような状態にあるのであろうか。

當山日出夫(とうやまひでお)

追記:この文章も、野村雅昭さんの方式でかいてみた。かけばかけるのである。しかし、「疲弊」の語は、なにかほかに、適当ないいかえのことばないものかと、おもってしまう。「村」の漢字をさけようとして、「ムラ」にすると、微妙にイメージが変わる。で、いっそのこと「村落」という漢語にしてしまう。漢字をへらそうとして、かえって、漢語をふやす結果になる。なかなかむずかしい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/06/26/3596703/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。