JADS(7):文化資源の死蔵2008-06-29

2008/06/29 當山日出夫

アート・ドキュメンテーション学会(JADS)のシンポジウムの最後は、前述の、「写し絵」であった。その後、懇親会に移動。

「写し絵」について発表したのは、みんわ座の山形文雄(平成玉川文楽)さんと、田中佑子さん。懇親会の席でのスピーチ、(残念ながら、誰がどんな話しをしたが、ほとんど覚えていないが……まあ、懇親会とはそんなものである)、しかし、「写し絵」の山形さんの語ったことは、鮮烈な印象とともに記憶に残っている。

簡潔にいえば、いま、伝統的な文化の継承をもっとも阻害しているのは、博物館・美術館である……と、言い切った。そしては、それは、そのとおりであると、思わざるを得なかった。

昭和初期まで「写し絵」は、日本でおこなわれていた。その資料は、各地の、資料館・博物館・美術館などに、保存されている。以前、実際に使用されていた、「写し絵」の現物の「種板」(映画や写真でいえば、フィルムに相当する)、これが、かなり保存されている。

だが、これを研究して、現在によみがえらせようとすると、とたんに、ストップがかかる。理由は、その利用の主体が、「みんわ座」という商業利用にかかわるから、である。

おそらく、この私のブログ「やまもも書斎記」を読んでいる人の多くは、なにがしか、アカデミズムに関わっているであろうと、推測する。学術的な利用、あるいは、教育目的の利用であれば、著作権において、許容範囲とされる。

しかし、現行の著作権、あるいは、各種の学術資料の保存機関(博物館・美術館など)の利用規程では、商業利用にはきわめて厳しい。かつて、「写し絵」は、商業的に利用されてきた。それを継承するのも、また、新たなビジネスにおいてである。

これは、「写し絵」に限らない。日本の近世期を代表する絵画芸術である「浮世絵」、いま、それらのデジタルアーカイブが、日本のみならず、世界的規模で進行している。だが、それにかかわる組織・研究機関において、画像データの商業利用を認めるところが、どれほどあるだろうか。

考えてもみよう、かつて、「浮世絵」それ自体が、「商品」として、日本で一般に流通していたのではないか。売り買いされていたのである。それを、現在に文化遺産として「継承」しようとしたとき、その「商業利用」は、なにがしかのルールのもとで認められなければならない。でなければ、単に、資料を「保存」しているだけである。伝統的文化遺産の「保存」と「継承」は、異なると認識すべきである。

文化財を「保存」という大義名分のもとに、「死蔵」してしまっていいのだろうか。新しい、表現・創造活動のために、現代から、さらに未来にむけて、「継承」していく必要がないのであろうか。もし、それが可能であるとするならば、なんらかのかたちで「商品」として、多くの人々の生活の中に流通することに、他ならない。

美術館・博物館での保存、陳列、さらには、デジタルアーカイブでの公開。これはいいとしても、その先の未来への文化の継承を考えたとき、資料の「死蔵」になってしまうこと、これは、あらためて考えねばならない、テーマである。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/06/29/3601617/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。