『ARG』329号2008-06-30

2008/06/30 當山日出夫

ARGの329号につき、いささか。

ARGカフェ、まだ、何を話すかは、決めていない。だが、このようなことを述べてみたいとは思っている。学術情報における、HPやブログの意味の一つは、その双方向性にある。そして、その双方向のやりとりが、第三者にも見えること、であると思っている。「ご意見はメールでどうぞ」だけでは、その意見交換が、他のユーザには見えない。

この意味では、現時点で、最も双方向性のあるブログは、どのように活用されているのだろうか。(あるいは、いないのか。)活用の方向によっては、新たな人文学の未来がある、当たり前のことではあるが、自分なりに少し掘り下げて考えてみたい。

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080627/1214529549

今回のARGの中では、ともに小さな記事であるが、

●「神戸大学附属図書館、退職した名誉教授が運営していたDBを代わりに公開」

カレントアウェアネス-R、2008-05-15

http://current.ndl.go.jp/node/7827

これと、

イベントカレンダーの

●デジタルデータの長期保存 についてのワークショップ

2008-07-25(Fri)

(於・東京都/慶應義塾大学 三田キャンパス 新図書館)

http://daf.lib.keio.ac.jp/index.php/jpn/News/node_336

とは、関連して考えないといけないと思う。いま、「アーカイブ」の側にいるひとたちは、「デジタルアーカイブ」について、非常に否定的な見解を持っている(少なくとも、そのような人たちが多い。)

その理由の一つは、保存性にある。デジタルデータは、紙のような、保存性がない。絶えず、メディア変換とコピーを継続的におこなわなければならない。

貴重な学術データを、管理者がいなくなったからといって、廃棄してしまうのは、あまりにも惜しまれる。だが、すでに、価値のあるDBなどが、個人研究者によって蓄積され、公開されている。デジタルデータの長期保存への展望をひらくこと、これが、今後の各種デジタル化資料の作成・保存・公開・利活用、の将来につながると思う。

當山日出夫(とうやまひでお)