『青い山脈』(2)2008-07-06

2008/07/06 當山日出夫

『青い山脈』を読みなおして思うことのつづき。

なぜ、「変しい」(=恋しい)「脳ましい」(=悩ましい)であるのか、という点。別に、単に学生の偽ラブレター事件だけを話題にするのであるならば、かな表記で「こいしい」「なやましい」であっても十分なはず。

「恋しい」を「こいしい」(あるいは「こひしい」)と書いたのでは、ラブレターにならないのであろうか。そんなことはない。

また、あえてこの偽ラブレターに誤字を使用する必然性も、小説を書く立場からすれば無い。ただ、小説全体に、ある種のユーモアを与える効果があることは確かである。石坂洋次郎の小説にとって、このユーモアの要素は、非常に大事。

だが、昨日も書いたことだが、島崎先生は、生徒が黒板に書いた文字の誤字を指摘している。

ここにある価値観は、やはり、

《漢字を知っている=知識がある=正しい判断能力がある》

という構図になる、と私は読む。これはこれで、ひとつの価値観ではあると思う。

以下、ここで私なりに思うことは……いま、我々が本当に問題にしなければならないのは、「漢字の読み書きが正確にできる」ことの無条件の価値観への反省である。むしろ考えるべきは、「日本語を書くときにどのように漢字をつかうべきか」、であると考える。そして、そのなかには、「かなづかい」や「おくりがな」の問題も、当然、ふくまれる。

また、石坂洋次郎自身が、書いている。「変すい」の仮名の部分「すい」について、会議では誰も問題にしなかった、と。このあたりは、小説家としての石坂洋次郎のうまさである。メタレベルの作者の目がある。「かなづかい」のあやまりを無視して、漢字の書き方が間違っていることだけをあげつらっている、登場人物たちを、さめた眼で見ている。ここでしめされた、石坂洋次郎のメタレベルの作者の目こそ、いま、必要なのであると、思う。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/07/06/3613479/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。