国語研コーパスのモニター公開2008-07-09

2008/07/09 當山日出夫

言語学のMLで知ったので、私自身は、さっそく申込書を書いて、用意した。 明日の朝にでも、ポストに投函の予定。

国立国語研究所のコーパス、現時点でも、オンラインの試験公開版がある。そ れに加えて、著作権処理のすんだものについて、ディスクで配布し、研究目的 で試用してもらおうというもの。

国語研のサイトは、

http://www2.kokken.go.jp/kotonoha/

これが、現代の漢字研究にどのようにいかせるか。まあ、ためして見るほかな い。下手すると、これで、遊んでいるだけで夏休みが終わってしまう可能性が ある。今のところ、論文・研究発表の準備など、2~3ぐらい予定しているの だが。

ただ、漢字についていうと、私自身は、漢字制限論の立場にいる。漢字にたよ らない日本語、を考えたい。このことは、追って、『漢字の未来 新版』 (野村雅昭.三元社.2008)に即して、書いていくつもり。

それから、さしあたってしないといけないのが、ARGカフェの準備。名刺を 多めに持っていくつもり。人脈が財産である、これは、お互いにいえること。 書斎にこもった孤高の研究者であることには、もはや、後戻りできない。

當山日出夫(とうやまひでお)