ARGカフェ:専門性とはいったい何だろう2008-07-14

2008/07/14 當山日出夫

さっそく、ARGのブログ版に、多くの人が感想を書いている。岡本さんも、指摘のとおり、

>>>>>>

インターネットにおける学術情報に対する評価の仕組み

だと思う。ここのところを変えないと、インターネットによる個人の学術情報発信(敢えて過激な言い方をすると)研究者の中でも「好事家」、或いは一般人の中でも「自称専門家」の枠を出るものにはならないのではないだろうか?

Traveling LIBRARIAN -旅する図書館屋

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080714/1215969390

http://d.hatena.ne.jp/yashimaru/20080713/p3

<<<<<<

である。

情報発信しない研究者もいる。それは、それでかまわないと思う。しかし、だからといって、情報発信している研究者が、単なる「好事家」と見られる時代は、終わりにしないといけない。いや、一部、そうなりつつあるとは思う。

ただ、それが、査読つき論文のような形式的な「業績評価」とは、また違ったかたちでの、役にたつかたたかないかの「評価」である、ということだと思う。

私の専門分野とは全然ちがうが、私の知る限り、日本において、昆虫の標本採集などは、完全にアマチュア(市民的専門家、アカデミズムに所属していない)の分野である。

私が発表の中で言及した、小形克宏さんは、フリーの立場でいる。しかし、そのブログ「もじのなまえ」は、おそらく、将来になってから、今の日本の漢字研究をするときの、最重要な資料になるにちがいない。

「自分しか書けないものを書く」、そして、その内容・質が、アカデミズムと市民的専門家の壁を超えていく原動力になるにちがいない。それこそが、真の意味での、「専門性」というものであると考える。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

_ おがたかつひろ ― 2008-07-14 21時59分00秒

ええー! 當山さん、いったいなにを話されたんですかー!?

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/07/14/3626756/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。