新常用漢字:簡易慣用字体2008-07-18

2008/07/18 當山日出夫

このあたり事情は、明日のWSで、安岡さん、それから、小形さんの、発表によって、詳しく説明があるはずである。

http://kura.hanazono.ac.jp/kanji/20080719.html

安岡孝一 (新)常用漢字と人名用漢字と文字コード

小形克宏 (新)常用漢字は本当に必要か

とにかく、ややこしいのは、

・常用漢字(新字体がふくまれる)

・印刷標準字体(常用漢字外の漢字、約1000字について、基本的には康煕字典体=いわゆる旧字体で印刷、というもの。)

・JIS漢字(XPの「0208」までの第1・2水準、Vistaの「0213:04」では、第3・4水準までふくむ。)「0213」は「04」の改訂で、印刷標準字体に対応することになった。

・ユニコード(漢字については、主に、CJKの統合漢字と互換漢字の関係)

・人名漢字(これは、法務省の管轄)

これらの整合性をどうとるか、ということ。ディスプレイで見える字、活字(?)による印刷の字、これらと、手書きの字は、違うのである、という認識が、現代日本社会一般にひろがっていれば、あまり、問題はない。しかし、そうなっていない、いいかえると、杓子定規に、漢字の一点一画まで同じでないと気がすまない、という風潮になっていること。これが、社会の側の最大の問題。

そのうえで、さらにややこしいのは、「印刷標準字体」において、「許容3部首」(しょくへん・しめすへん・しんにゅう)が、設定されていること。また、「簡易慣用字体」が設定されていること。

祇園の「祇」の字(XPとVISTAで見え方が違うが)、「ネ氏」であっても、「示氏」であっても、どちらでもいいですよ、ということ。また、「鴎」についても、「区鳥」でも「區鳥」でも、どっちでもかまいません、ということ。

なお、他のブログなどを見ると、「常用漢字」は公文書用という発想がかなりひろまっているようである。確かに、公文書は、常用漢字と現代仮名遣いで書く。だが、実際の、行政文書は、常用漢字だけでは、機能しない。

逆に、(新)常用漢字になることによって、余計に混乱する字もある。「葛」である。東京都葛飾区と、奈良県葛城市は、絶対に妥協できない。

このあたりのことは、たぶん、

高田智和 常用漢字と「行政用文字」

で、話してもらえると思っている。

いよいよ、明日である。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/07/18/3633815/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。