『こんな日本でよかったね』2008-07-20

2008/07/20 當山日出夫

やっぱり出ると買ってしまう、内田樹センセイの本である。

内田樹.『こんな日本でよかったね-構造主義的日本論-』.バジリコ.2008

もとがブログ記事であるから、ある意味で読みやすい。あるいは、急に、パラグラフが変わって、話しが飛躍したり。ま、気楽に読めばいいのであろう。この本を読んだ後、事後的に、自ら、何を思うか、なのであるから。

内田樹から学ぶべきものとして、私が考えるのは、「自分とは違った考え方をする人がいる、ということへの、理解」である。自分は、このように考えるということを、主張することはできる。だが、自分とは、異なる考え方をする人に対して、何故、自分は、この人に同意できないのか、あらためて、自問することは、レベルが異なる。

と、いうようなことを「文字」についても、感じている。

WSの後の懇親会、いろいろ席をまわって、参加者の意見を聞いてみると、WSを企画した、私と師さんの意図とは、違った発想の持ち主が多いように、みうけられた。それは、それで、かまわないのであるが。

漢字を増やすこと、いわゆる「まぜ書き」をなくすこと、漢字の字体の正しさやデザイン差について論じるとこと……このようなことには、熱心な人が多い。これはこれで大いに結構なことである。

ある公的な文字セットを「設定する」(今回であれば、(新)常用漢字)ということと、それを、どのように「運用する」か、ということは、次元が異なる。

このあたりの論点整理ができていない。(このあたり、マスコミの報道のレベルの問題でもある。)

「俺」が(新)常用漢字になったとしても、「俺/ORE/」という、ことばを使わなければならないということではない。使わなくてもかまわない。漢字で書かなければならないわけでもない。書きたければ、「俺」「オレ」「おれ」、各種の表記法がある。そのうち、漢字を選択したときに、どの文字(字体)を、標準的なものにするか、というだけのことである。

(新)常用漢字外であれば、通行の漢和辞典の字体(康煕字典体)を採用ということになる。(新)常用漢字に入れば、公文書・新聞・教育などにおける、漢字を使用するときの、標準的な字体となる、ただ、それだけのことではないのか。(なお、「俺」に、拡張新字体は、今の時点では、存在しない。異体字は、あるかもしれないが。)

かつて、「0208(83)」規格が、猛烈に批判された時期があった。JIS漢字は、日本の伝統文化を破壊しているとまで、言われた。では、その後、「0213」になってどうなのか。あるいは、さらに「04」になってどうなのか。むかし、JIS漢字を批判した人たちの、今の意見を聞いてみたい。そして、できれば、(新)常用漢字についても、意見をきいてみたい。

(新)常用漢字は、漢字を増やすのみではなく、削る案もふくんでいる。尺貫法の文字を残さないのは、日本の伝統文化の破壊ではないのか。これは、「鴎」をどう書くかという以上の問題をはらんでいる(はずである)。

沈黙も、また、一つの意見表明のあり方なのではあるが。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/07/20/3639645/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。