文字と文書のアーカイブ2008-07-22

2008/07/22 當山日出夫

ちょうど、今、CH79(人文科学とコンピュータ研究会)、金沢文庫、の発表のパワーポイントを作っているところ。

小形さん、どうも、コメントありがとうございます。

そうですね、国として制度的には、とっくに、開国しているのに、鎖国状態なのは、一部の人の頭だけかもしれません。ただ、ある意味で、国際的にどうであろうと、我が国の文字はこうである、という立場もあり、だと思っています。しかし、それを言うとき、小形さんがご指摘のような、どのような現状であるかをふまえて言ってほしい。

小形さんの先日の資料、それから、安岡さんの資料など、次のCHで使わせてもらうつもりです。もちろん、典拠を明示します。

共時的に、今の時代で、どう文字が見えるか、という問題……これを、通時的に将来にわたって考えると、文字のアーカイブ、ということになります。

當山日出夫(とうやまひでお)