ローマ字についても考えたいが2008-07-23

2008/07/23 當山日出夫

kmnsさんから、ローマ字表記についてコメントをいただいている。日本語全体の表記としては、将来の課題としては、(新)常用漢字や、仮名遣い、に限らず、ローマ字についても、視野にいれて、総合的に考えねばならない。

日本語のローマ字表記については、いろいろと議論のある問題。端的に、英語を、グローバル・スタンダードと割り切って、ヘボン式を基本に、というのも一案。

そうじゃない、日本語は日本語の音韻体系があるのだから、と考えるのも、一つの方向。

明日から、しばらく家をあける。CH研究会など、3日ほど。レッツノートは持って出るが、外に出てまで、インターネットにつなぎたくない(解放されたい)という気もある。さて、どうしようか。

文字のアーカイブについての発表。ここ当分、文字のことから、離れられそうにない。

ともあれ、今日は、午後から試験監督。家にかえったら、採点の仕事がある。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

_ kmns ― 2008-12-19 11時36分01秒

お久し振りです

讀んで貰ひたいところが少しできました

ローマ字相談室のローマ字資料室(ヘボン式系統)に説明があります。英語のものが一番新しい。

實例は眞道重明といふ方のサイト
http(colon)(double slash)home.att.ne.jp/grape/shindo/index.htm
の閑人妄語(三)の懷かしい唄、(四)の其の二にあります。

同じ眞道さんのサイトの水産雜記(三)にある「濫獲」か「亂獲」か? に寄稿したものが小生の主張です。

英語教育については

http(colon)(double slash)oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texfaq/archive/wkmr.pdf
に小著の一部が公開になってゐます。

併せて御高覽の程お願ひ申しあげる次第です。

_ kmns ― 2008-12-20 17時19分27秒

tempushite gokauranni kyoushitaki fairu kore ari saura`u

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/07/23/3644111/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。