『ARG』333号2008-07-28

2008/07/28 當山日出夫

しばらく、このブログから遠ざかっていた。CH研究会(金沢文庫)で、発表。そのいきさつについては、追って書いていきたい。「アーカイブ」について、いろいろと考える機会であった。

で、ARGの333号について、少しだけ。

ARG

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080728/1217173216

読むべきは、岡田孝子さんの

レポート「そこに大学図書館がある!-法学教員と図書館員が仲良くなる方法」参加報告記

である。

最近、ある先生が、あるMLで、言っていたこと。それは、日本においては、図書館情報学、というものの存在が希薄である、という指摘。いわれてみれば、そうかなとも思う。

図書館情報大学は、筑波大学に吸収されているし、慶應でも、特に図書館情報学が、際だった存在という感じもしない。(ちなみに、私は、卒業後25年以上経過した、塾員である。)

しかしながら、岡田さんの文章のうち、次の点は、きわめて重要であると思う。

>>>>>

リーガルリサーチとは単なる情報検索ではなく、情報の解釈と判断を含む具体的な法律問題解決作業の一部である。

<<<<<

ここにおける、「リーガルリサーチ」「法学」を、「人文学」におきかえてみる。そうすると、学術情報の探し方、取り扱い方、それ自体が、学知の継承につながっている、と言えそうである。

今、人文学研究の分野では、どのようにして、文献や論文、資料(史料)などの検索を、学生に教えているであろうか。少なくとも、私が、学生であったころの思い出としては、意図的に、そのようなことを習った記憶はない。

目録を読め、例えば、内閣文庫の目録など、という教え。これは、ある学問領域における、暗黙知による学知の継承ということであるのかもしれない。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/07/28/3656683/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。