CH-79(1)2008-08-01

2008/08/01 當山日出夫

今回のCH研究会(情報処理学会・人文科学とコンピュータ研究会)は、神奈川県立金沢文庫。

金沢文庫は、かつて、鎌倉時代、北条氏の「文庫」であった。今でいえば、図書館であり、文書館、である。その後、金沢文庫本としコレクションされたもので、流出したものの多い。私が研究対象として選んでいる、「金沢文庫本白氏文集」も、かつて、金沢文庫に旧蔵されていたので、こう呼ばれている。現在、この本を持っているのは、大東急記念文庫、天理図書館、国立歴史民俗博物館、など。

しかしながら、金沢文庫独自の資料(史料)としても、現在、膨大なコレクションを持っている。まだ、未開拓である研究資料も多い。研究会のあったとき、展示されていた、中世の「唱導」資料なども、そう。

ところで、CH-79の研究会、朝、京急の金沢文庫駅で降りたはいいが、とってもとっても、暑い。とても、15分を歩く元気がなかった。ということで、同行の何名かと、タクシーに分乗。

会場について、まず、会場設営の準備をてつだう。9時にならないと開かない施設で、9時20分から発表というのは、かなり厳しい。だが、どうにか、準備できた。

まず、最初の発表は、

文字生活研究における「景観文字調査」(高田智和・田島孝治・米田純子)。

私にとっては、高田さんたちと一緒にすすめている景観文字研究の一部になる。具体的にGIS技術で、地図上に表示するシステムを、田島さんが作ったので、そのプロトタイプのおひろめ。

GIS技術は、現在、いろいろとある。地理学で考えるGISもあれば、情報工学で考えるGISもある。この場合、えてして、技術先行になってしまいがち。それに対して、高田さんたちの発表は、コンテンツ先行。景観文字調査では、このような資料(街角の看板など)をとりあつかう。ゆえに、このようなシステム(GPSレシーバ、GISでの地図への展開)などが必要、という、人文学研究者からの姿勢が明確である。

まず、人文学研究のデータ(資料)があり、それをどうあつかうのか、という方向での、情報工学からの協力。この意味では、非常に、いい発表であったと思う。

當山日出夫(とうやまひでお)

WSの2回目を企画中2008-08-01

2008/08/01 當山日出夫

先日(7月19日)の「ワークショップ:文字-(新)常用漢字を問う-」には、たくさんの方がいらしてくださいました。そして、懇親会も、もりあがりました。

意外だった(?)のは、印刷・出版関係の人が多かったこと。それにくらべて、日本語学(国語学)における文字研究者が、あまりいなかった。う~ん、これは、やはり、時代の流れなのでしょう。

日本語研究が、(新)常用漢字やユニコードといった、文字の規格について、イニシアティブをとれるという時代は、もう、終わった、と考えるべきか、私としても、いろいろ考えるところがありました。

5月の日本語学会(日本大学文理学部)のときは、会場は大盛況でした。これは、文字の規格というよりも、書記とか表記について、関心のある研究者があつまったせいなのでしょう。しかし、これからの日本語、特にその表記や書記を考えるためには、コンピュータを抜きにしては、語れないのですが。

ともあれ、今、やっていること。

先日の「WS文字」を、第1回として、できれば、連続で開催したい。そして、それを、逐次、本のかたちにしたい。その編集と企画を、考えているところ。

考えてみれば、文字(キャラクタ)についての、一般的な研究会とか、論集とかは、そう多くありません。今回のWSをきっかけに、このような研究分野をひろげていきたい。これには、旧来のアカデミズム(大学)の枠を越えて、実際の印刷とか、タイポグラフィにかかわっている人たちとの協力が必須になります。

『国語文字史の研究』(和泉書院)とは、また違ったスタンスでの、文字研究にとりくんでいく、そのお手伝いができれば、と、考えている次第。

當山日出夫(とうやまひでお)

『ARG』334号2008-08-04

2008/08/04 當山日出夫

ARGの334号について。CH-69のまとめも終わっていないのに、かかなければいけない原稿もあるのに、採点もしなければならいのに……と、おもいつつ、これだけは、中止しないでおく。

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080804/1217779792

国語研は、いったいどうなるのであろうか、ま、内部に知り合いはいるので、個人的にたずねれば、教えてはもらえるのだが、なりゆきを見守ることにする。

日本語教育ネットワーク

http://www.kokken.go.jp/nknet/

今、(新)常用漢字の審議中。それにあわせて、こちら(?)としても、最近、ワークショップを開催したばかり。(※ これは、本にします。)

問題は、(新)常用漢字が、日本語を母語としない人を視野にいれたものであるかどうか。折しも、外国からの、看護師・介護士など専門職について、うけいれる方向に、日本政府は動き始めている。いずれ、この動きは、他の職種にも拡大するだろう。(実は、現実には、すでに、そうなっているのであるが。)。日本の国の将来は、日本語の将来と、重なる。

そうなったとき、日本語教育において、基本となる語彙・漢字はどうであるべきなのか。少なくとも、この点について、一番の基礎的資料を持っているのは、国語研である。

それから、私も気になっているのが、丸善と、大日本印刷の動き。図書館に本が入る以前の段階から、この2社のコントロールされる……それが、どうなるのか、わからないが、一抹の危惧がないではない。図書館は、自らの意志で、蔵書を選ぶ、これがまず基本であろう。

ところで、『ウェブは菩薩である』の深見さんと、岡本さんを引き合わせたという、折田明子さんのブログは、私も、見ている。ネット社会とはどういうものであるか、という考察については、トップクラスのブログであると思う。

さて、『ウィキペディア革命』(岩波書店)、注文はしたが、読んでいる暇がつくれるかどうか、である。

當山日出夫(とうやまひでお)

サンヤツ2008-08-05

2008/08/05 當山日出夫

新刊の書籍についての情報を、みんなは、どのようにして入手しているのだろうか。

私であれば、

1.サンヤツ(特に、朝日新聞)など、新聞広告

2.出版社からのDM(専門書の場合)

3.本屋さんで実物をみつける(自分の専門からすこしはなれた分野の場合)

ということになる。このうち、1のサンヤツは、オンラインで見られるようになっている。また、専門書(私の場合であれば、日本語学関係)は、その専門の出版社は限られているから、そのHPを見れば、新刊案内でわかる。特に、DMを送ってもらわなくても、MMで十分である。

となると、残るのは、本屋さんで実物を見て、ということになる。つまり、学術専門書における、書店の意味、というのが、徐々にではあるが、変わっていくだろう、と考えざるをえない。

書籍の流通と、その広告のあり方について、今は、転換期なのかもしれない。

いま、一番、気に入っているのが、みすず書房のMM。短い内容でありながら、読ませるものになっている。そして、みすず書房の書籍の装丁と同様に、全体にシンプルで品がいい。

東京創元社のMM、新刊の羅列(情報過多)で、自分の好きなタイプの作品が探せない。

と、考えては見るが、ここしばらく本を読んでいる暇がとれない……といいつつも、『フロスト気質』(東京創元社)の上巻は、どうにか読み終わった。

當山日出夫(とうやまひでお)

CH-79(2)2008-08-07

2008/08/07 當山日出夫

CH79(金沢文庫)の2番目の発表は、

護符の電子化構造分析-「道法會元」における護符を対象として- 馮暁暁・松本浩一・杉本重雄

正直言って、もの(護符)についての予備知識がほとんどゼロである私にとっては、よくわからなかった……発表者には申し訳ないが、そう思う。

道教における、「御札」「御守り」のようなものであることは分かるのだが、その実物とか、実際の生活の中での用途など、最初に、具体的な写真などで、示してもらえるとよかった。

ただ、聞いていて、その水準がかなりのレベルであること、方法論としてとりあえず、一つの方向を示したものであることは、理解できた。この意味では、いい発表だった(と、思う。)

護符の構造分析の手法が、例えば、他の「画像資料」あるいは「文字」について、どの程度、応用可能なのか。このあたりが、明確になると、今後の研究により期待が持てると感じた。

私が今後に期待するとすれば、第一に、「護符」というものを具体的に紹介して欲しい(何度も研究会で発表しているとしても、はじめて聞く人も中にはいるのだから)、第二に、その方法論や資料の取り扱い方が、CHの研究分野でどのような位置づけになるか、ということになるであろうか。

當山日出夫(とうやまひでお)

眼鏡を作る2008-08-25

2008/08/25 當山日出夫

ここしばらく、のブログからもご無沙汰してしまっていた。

今年の夏、あまり体調がすぐれなかった、というか、急に血圧が下がってしまって、家のなかのちょっとした仕事(本の整理)なども、つらい。病院に行って、内科の診療では特に異常なし。おそらくは、他の薬の副作用かもしれない。が、ようやく、どうにかなりそうな様子なので、とりあえず仕事再開。(といより、再開せざるをえない。)

で、この間、何もしていなかったわけではない。

まずは、眼鏡を新調した。この際、どうのこうの言っていられないので、遠近両用をひとつあたらしく作る。(ただし、フレームは、昔のニコンのチタン・フレームがまだ十分につかえるので、それを流用。今、ニコンは、眼鏡フレーム事業からは撤退してしまっている。)

それと、パソコン用にひとつ、あたらしく。今、使っている、24インチのディスプレイ(ナナオ)の場合、机の上において、50~60センチは距離をおいて見る。この距離に合わせてひとつ。これだと、どうにか、本も読める。

で、最近、読んだ(再読した)本。

『漢字の未来』.野村雅昭.三元社.2008

『毒ガス開発の父ハーバー』.宮田親平.朝日新聞社.2007

『星新一 一〇〇一話をつくった人』.最相葉月,2007

など。感想などは追って。また、ARGについて思うこともあるので、書いていく。

當山日出夫(とうやまひでお)