WSの2回目を企画中2008-08-01

2008/08/01 當山日出夫

先日(7月19日)の「ワークショップ:文字-(新)常用漢字を問う-」には、たくさんの方がいらしてくださいました。そして、懇親会も、もりあがりました。

意外だった(?)のは、印刷・出版関係の人が多かったこと。それにくらべて、日本語学(国語学)における文字研究者が、あまりいなかった。う~ん、これは、やはり、時代の流れなのでしょう。

日本語研究が、(新)常用漢字やユニコードといった、文字の規格について、イニシアティブをとれるという時代は、もう、終わった、と考えるべきか、私としても、いろいろ考えるところがありました。

5月の日本語学会(日本大学文理学部)のときは、会場は大盛況でした。これは、文字の規格というよりも、書記とか表記について、関心のある研究者があつまったせいなのでしょう。しかし、これからの日本語、特にその表記や書記を考えるためには、コンピュータを抜きにしては、語れないのですが。

ともあれ、今、やっていること。

先日の「WS文字」を、第1回として、できれば、連続で開催したい。そして、それを、逐次、本のかたちにしたい。その編集と企画を、考えているところ。

考えてみれば、文字(キャラクタ)についての、一般的な研究会とか、論集とかは、そう多くありません。今回のWSをきっかけに、このような研究分野をひろげていきたい。これには、旧来のアカデミズム(大学)の枠を越えて、実際の印刷とか、タイポグラフィにかかわっている人たちとの協力が必須になります。

『国語文字史の研究』(和泉書院)とは、また違ったスタンスでの、文字研究にとりくんでいく、そのお手伝いができれば、と、考えている次第。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/08/01/3665832/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。