CH-79(2)2008-08-07

2008/08/07 當山日出夫

CH79(金沢文庫)の2番目の発表は、

護符の電子化構造分析-「道法會元」における護符を対象として- 馮暁暁・松本浩一・杉本重雄

正直言って、もの(護符)についての予備知識がほとんどゼロである私にとっては、よくわからなかった……発表者には申し訳ないが、そう思う。

道教における、「御札」「御守り」のようなものであることは分かるのだが、その実物とか、実際の生活の中での用途など、最初に、具体的な写真などで、示してもらえるとよかった。

ただ、聞いていて、その水準がかなりのレベルであること、方法論としてとりあえず、一つの方向を示したものであることは、理解できた。この意味では、いい発表だった(と、思う。)

護符の構造分析の手法が、例えば、他の「画像資料」あるいは「文字」について、どの程度、応用可能なのか。このあたりが、明確になると、今後の研究により期待が持てると感じた。

私が今後に期待するとすれば、第一に、「護符」というものを具体的に紹介して欲しい(何度も研究会で発表しているとしても、はじめて聞く人も中にはいるのだから)、第二に、その方法論や資料の取り扱い方が、CHの研究分野でどのような位置づけになるか、ということになるであろうか。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/08/07/3677145/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。