『若い人』2008-09-01

2008/09/01 當山日出夫

しばらく、お医者さんの命にしたがって「安静」にしていたら、月が変わってしまった。特に、異常があるということでは無いようなので、順次、仕事にとりかからないと。

ARGについても書きたいが、とりあえずは、最近、読んだ本のことなど。

高校生の時から、だいたい、数年~十年おきぐらいに、定期的に読み直す本がある。『若い人』(石坂洋次郎)である。

この小説がNHKで、ドラマ化された時(銀河TV小説)、見ている(高校生の頃だったか。)したがって、私の中では、「江波恵子=松坂慶子」、なのである。間崎先生は石坂浩二郎、橋本先生は香山美子、江波恵子の母親は左幸子……小説を読んでも、TVの画面の記憶が甦る。

それはともかく、『若い人』を読み直すたびに、自分が、歳をとっていくのが実感できる。学生の視点で読むか、若い教師の視点で読むか、その上の年齢層の視点で読むか、読むたびごとに変わる。そして、これらの各視点に応じて、この作品は読める。石坂洋次郎が、大衆小説家であるゆえんであろう。

今回、読み直してみて、付箋をつけた箇所が、いくつかある。そのうちの一つ。間崎先生の下宿の主人である。このように記されている、

>>>>>

この人は造船所の仕丁長を勤めており、中年から文字を読むことを覚えたとかで毎晩夜遅くまで講談本を耽読するのを何よりの楽しみにしていた。p.108

<<<<<

ここでの「読む」は「音読」である。そして、読んでいる本は、おそらく総ルビであったと予想される。

このようなことが、昭和初期の北海道の港町のごく普通の光景として、描かれている。ことさら特殊な人物として登場してはいない。近代における、リテラシーの歴史、ということになるのであろうが、まずは、このようなことがらについての実証的研究の必要を痛感する。

戦前、GHQが「当用漢字」を強制するまで、「日本人」は「正字(旧字)」を、すべからくきちんと読み書きできたのである、というような一種の幻想がある限り、「新常用漢字」についての建設的な意見は無理だと思う。

『若い人』.石坂洋次郎.1937.(私が読んだのは、2000年の新潮文庫版.※なお、この作品が、刊行当時「発禁」の対象となったことは、あまりにも著名な文学史のできごとであるので、わざわざ記すまでもないであろう。新潮文庫版は、オリジナルの本文によっているはず。)

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/09/01/3733629/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。