『ARG』340号2008-09-15

2008/09/15 當山日出夫

ここしばらく、不調で、ほとんど何もできない状態でいたが、ともあれ、どうにか、じっと机に向かっての仕事はできそうなので、まあ、とりあえず。

ARG340号について、いささか。

読むべきは、冒頭の、中山貴弘さんの

「図書館から公開された「キク科の染色体数データベース」-その意義と大学研究成果の継承をめぐって」

である。大学図書館における、研究情報の蓄積・公開という視点から、興味深い。だが、私の関心から目にとまったのは、次の一節、

>>>>>

図書館側としても、電子図書館でお宝的な貴重書を電子化公開するような、あまりアクティブではないコンテンツばかりを構築するよりも、神戸大学の独自性を目指す上で歓迎すべき仕事となった。

<<<<<

ARGで紹介される、新発見の学術リソースとして、こう言っては失礼かもしれないが、「お宝的な貴重書を電子化公開」で、あるものが多い。これはこれで意義のあることではある。

私の思うところ、「お宝的な貴重書を電子化公開」は、いいとしても、それが、横断検索で探し出せる状態に無いと、ネットの中で埋もれてしまう、という危惧がある。知っている人は、知っているけれども………、というだけに終わってしまいかねない。

この問題は別にして、研究成果は、基本的に個人の研究者に帰属するとしても、そのもとになったデータ(たとえ、それが、研究文献リスト一覧であっても)それはそれとして価値がある。そして、これこそが、インターネットによってこそ、公開可能で、また、必要とされているものかもしれない。

著書とか論文であれば、その公開・共有のシステムは、ある程度、構築されていると言ってよいであろう。(ただ、中には、種々の事情で、公開されていない、学会誌などもあるが。)

神戸大学図書館の事例は、むしろ、アーカイブズの側の発想から見て、「研究資料アーカイブズ」のデジタル公開、ととらえるのが適当ではなかろうか。このような観点で見れば、それを、今後、誰がどのように継承すべきか、自ずと答えは見えてくるのではないだろうか。

さて、10月4日(土)である。日本アーカイブズ学会(私も会員)の「デジタル情報技術が拓くアーカイブズの可能性」には、できれば行きたい。でも、次の週には、別の学会で、発表しなければならないし、その準備もあるし、今回は、あきらめざるをえないかな、というところ。

當山日出夫(とうやまひでお)

『ARG』340:国家と言語と国旗のアイコン2008-09-15

2008/09/15 當山日出夫

ARGの340号を読んでの続き。

岡本さんは、「ささいだけど大切なこと」として、英語版サイトへのリンクを、どのアイコンで、示すかに問題提起している。

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080914/1221377532

この問題、現・日本語学会(←旧・国語学会)の会員を、大学院生のときから続けている人間の一人としては、おろそかにできない。

同じ、ARG340号のイベント案内で、紹介の、ゲーテ・インスティテュートでのシンポジウム「日本とドイツの新たなトレンド」を見ると、

http://www.goethe.de/ins/jp/tok/wis/ja3566477v.htm

ここでは、明確に、日本語=日本の国旗(日章旗)、ドイツ語=ドイツ国旗、のアイコンで表示している。意外なところに、見つかったものである。(といって、ここで、日本のゲーテ・インスティテュートを、批判しようとは思わない。)

確かに、言語と国家・民族(さらには、宗教)、これらは、きわめて錯綜した関係にある。言語の専門家は、決して、「母国語」の用語は使わない。「母語」という。(このことは、学生にも、厳しく教えることにしている。)

とはいえ、ある言語を、何か視覚的なイメージで表せ(=アイコンをデザインしろ)となったとき、何も無いのも、一方での事実と認めざるをえない。

ここで、強いて採用するとならば、国旗であろう。

英語であれば、イギリス国旗(ユニオンジャック)か、アメリカ国旗(星条旗)になる。このうち、どちらかを選べと言われれば、私なら、ユニオンジャックの方を選択する。(その言語が、もともとどこで使用されていたか、という観点からであるが。)

だが、他言語(日本語から見て)のHPを見る人間ならば、その言語の名称を、その言語の文字で書いておけば済むことである。そもそも、読めなければ、見ないのであるから。

それにしても、分子生物学会は別にしても、埼玉大学・政治思想学会・九州大学附属図書館、などは、国語学会 → 日本語学会 への名称変更をめぐって、どのような動きがあったか、把握していなければならないはずである。国語学というか、日本語学というか。この問題、少なくとも、アカデミックな人文社会科学系の分野には、知られているかと思ったが、案外、そうでもないらしい。

當山日出夫(とうやまひでお)