読まないで書写する2008-09-18

2008/09/18 當山日出夫

もろさんのブログで、聖書の写本のことに言及してある。

http://d.hatena.ne.jp/moroshigeki/20080913/p1

『捏造された聖書』の p.54 からの引用として、

「文盲」(ママ)の人間が、書記として、その内容が読めないでも、写本にたずさわっている旨が、記されている。(この箇所は、自分の持っている本でも、確認した。)

つまり、字は読めなくても、少なくとも、その内容を理解していないでも、写本は出来るのである。文字さえ書ければ。

いま、こんどの学会の発表準備の最終段階のチェックをしているところである。文字の研究ということで、書かれている、その字だけを見て考えてしまう。しかし、文章として読んでみると、内容を理解しないで、ただ機械的に書写しただけ、ということが、実感できる箇所が、いくつかある。(無論、対象としているのは、聖書ではなく、東洋の古典漢文であるが。)

かつて、このような時代があって、写本が伝わってきた。意図的な改変などとは別に、書写するとはどういうことであるか、あらためて考える。

本を読まなくても書写できる時代から、いまや、「コピペ」の時代である。ここで問題なのは、「コピペ」だから信用できない/できる、ということよりも、「書写」「コピペ」による、知識の伝達・保存ということの意味かもしれない。

このあたりのことは、寧ろ、逆に、「アーカイブ」の方向から考えてみた方がいいかもしれない。余計な解釈はいらんから、忠実に、「コピペ」して写して残せ……かなり乱暴な言い方をしてしまったが、このような発想もあり、だと思う。

ところで、「アーカイブ」(あるいは、アーカイブズ)が、近代の産物であるとするならば、そこにある種の、暴力性を感じる。このことを、逆の面から見れば、「未来への責任」という表現になる。しかし、記録を残さない自由、というのも、片方で、考えてみてはいいのではないだろうか。

手元にある本。

『学問の暴力-アイヌ墓地はなぜあばかれたか-』.植木哲也.春風社.2008

感想は、後ほど(場合によると、学会が終わってから、かも。)

當山日出夫(とうやまひでお)