新常用漢字:椎名か脊椎か2008-09-24

2008/09/24 當山日出夫

先日の、常用漢字の再改訂案。

私の場合、「椎」という文字だけを見たとき、「シイ」と読んでしまった。しかし、各種の報道関係のHPを見ると、「脊椎」など「ツイ」と読むことで、入れることになったらしい。

以下、邪推であるが、当初、「単漢字」レベルでの調査で候補漢字を選んだとするならば、「椎(シイ)」も「椎(ツイ)」も、区別できない。動植物名、固有名詞は、基本的に排除という方針であったとすると、「椎名」や「椎の木」などは、除外の対象になる。

しかし、コーパスを使っての調査であるなら、これは、明確に分離して、用例や頻度が分かったはずである。

「蒙」をはずす理由はわからない。「啓蒙」は、一般的なことばだと思う。「蒙古」も、ごく一般に使用する。これについては、少なくとも、「蒙古」と「モンゴル」との、現代日本語での使用例を、つぶさに検討する必要があろう。

今回の件、問題点としては、以下の二つがある。

最初の調査が、「単漢字」の使用頻度であったこと。それを、「コーパス」を使って、再調査すると、別の結果が得られるはずである、ということ。

また、前回の委員会で、決まったことを、さらにくつがえすことの問題点。これは、もう一回、調査をやりなおす必要性、また、なりゆきによっては、さらなる漢字の増減もあり得るという印象を、社会に与えてしまったこと。

パブリックコメントを前に、これは失策というべきであろう。委員会には、さらなる説明責任がある、と私は考える。

當山日出夫(とうやまひでお)

新常用漢字:朝日新聞とXPとVISTAと2008-09-24

2008/09/24 當山日出夫

安岡さんのコメントのとおり、「遡」「賭」は、「しんにゅう」と「者」の部分字体について、整合性の問題がありますね。で、朝日新聞(印刷)を見ると、これは、規定の方針どおり、「しんにゅう」の「てん」は二つ。「賭」の「者」には、「てん」あり(これは、「箸」と同じ問題。)

で、今、私がこのメッセージを書いている、VISTAマシン(0213:04)では、上述のとおり。

しかし、古いXPマシン(0208)で見ると、「しんにゅう」は「てん」が一つ。「賭」の「者」には、「てん」なし。いまだに、社会全体では、XPマシンは、現役であり、かなり使用されている。

まず、議論のプラットフォームそれ自体が確立していない。だが、ま、まずは、字種を選んで、字体はその後ということであるから、いいのであろうが。この先どうなるのか心配。と、いうことで、「WS:文字」の第2回を、企画しないと。おそらく、今の予定では、来年の、パブリックコメントにぶつかる時期になりそうだが。

今後、どうなることか………

當山日出夫(とうやまひでお)