火曜セミナー無事終了2008-10-08

2008/10/08 當山日出夫

立命館のグローバルCOEの「火曜セミナー」、毎週、火曜日、午後6時から。どういうわけだか、後期の初日に私に順番が回ってきた。どんな話しをしようかと考えて、結局、次のタイトル。

現代日本の人文情報学とデジタルアーカイブについて

今週、それから来週にかけて、他の先生たちの話しは、海外における、デジタルヒューマニティーズ事情、ということなので、私は、日本のことを話すことにした。とはいえ、漠然と、今の日本の人文情報学といっても、とりとめのないものなる。

そこで、急に、(今年になってから)いろんな学会・研究会で話題になりだした、「デジタルアーカイブ」に的をしぼることにした。

ま、ざっと、

アーキビストの立場からのデジタルアーカイブ

人文学研究者からのデジタルアーカイブ

情報工学研究者からのデジタルアーカイブ

これらの相互にことなる、立場・視点について、対話の回路を作り出せる方向にうごきつつある。また、これは、今後の、人文情報学にとって、絶対に必要なことである。というような話し。

であるからして……敢えて話題にしなかったことも、いくつかある。話しが分散するの避けようと思って。

しかしながら、こまったことに、火曜セミナーは、オンラインでその場の映像を見ることができる。(ただし、事前に、申し込みが必要)。あろうことか、私がパワーポイントのスライドで、名前を出した、その本人が、見ていたらしい。あわてて、先ほど、連絡やらなんやらのメールを送信したばかり。

世の中、どこに落とし穴があるか分からない……と言ったら、失礼だろうが、なんとなく、そう思ってしまった次第。

最新の『ARG』については、明日にでも。

當山日出夫(とうやまひでお)