ケータイのメールがつかえない2008-10-16

2008/10/16 當山日出夫

明日から、CH研究会で、秋田県の「たざわこ芸術村」(わらび座)、に行く。

パソコン(レッツノート)は、もちろん持って行く。携帯電話も持っていく。だが、かなしいかな、私の場合、携帯メールがつかえない。なぜなら、キーボードがついていないから。

ま、確かに、ケータイ接続用のキーボードがあることは知っている。しかし、それを持ち歩いてまで、外出先で、メール送受信の必要性を感じない。「つかえない」のか「つかわないのか」、微妙と言えば微妙。

内心では、グーグルの、G-Phoneが、発売になったらと、ひそかに考えている。アップルの、i-Phoneでは、キーボードは、見えるけれども、遠近両用眼鏡の人間にとっては、ややつかいづらい。

ただ、今の学生は、あたりまえのように、携帯電話をつかう。困るのは、大学の学生用アカウントを、自分の携帯に転送設定してしまうこと。そのとき、もとのメールを残さない、にしてしまうと悲劇である。

「アカデミック・ライティング」の授業で、作文の添削を、WORDのコメント機能をつかって、メールに添付で、送信する。転送設定にしてあったので、とどきませんでした、ファイルが消えてしまいました、というのが、かならず、一人ぐらいいる。

今年は、あらかじめ、メール転送設定のことから、説明。

ケータイのメールがつかえなくても、人間は生きていけるのだ、と頑張ることにしよう。メディア論的には、面白い議論になるのだが。

なお、次回の、「WS:文字」を企画中。近いうちに、詳しいことが、ここにも掲載できます。来年の2月。場所は、東京都内ではなく、立川あたりの予定(^^;)

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/10/16/3823049/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。