新常用漢字:ケータイの文字2008-11-07

2008/11/07 當山日出夫

今、7月に開催した「ワークショップ:文字-新常用漢字を問う-」を、どうにか本にしようと、編集中。といっても、まだ、原稿が集まっているわけではない。

コスト削減を考えて、フォント埋め込みPDFの完全原稿、で入稿。校正はなし、の方針。

で、ここで問題になるのが、どのフォントを使って書くか、ということ。通常の、Windows環境であれば、MS明朝、であろう。12月に発表の、アート・ドキュメンテーション学会の研究会の、執筆要項では、MS明朝で、とあった。

しかし、ちょっとお金を出せば、ヒラギノが買える。ここは、価値観の問題である。フォントは、読めればいい、という割り切りもある。そして、特に、MS明朝が悪いフォントであるということもない(これに慣れてしまっているせいでもあろうが。)

このブログも、最近、表示設定を変えた。MSPゴシック、であったものを、メイリオに変更してみた。VISTAマシンを買えば、ついてくる。そして、個人的な感想であるば、メイリオは、字がちいさくなっても、読みやすい。特に、横書きにおいて。しかし、これを、XPマシンでみると、違う(MSPゴシック)。

デジタル環境においては、文字は、可変的である。紙の印刷とは違う、ということを、まず認識しておきたい。紙に印刷した文字は安定している。その発想は、デジタルでは通用しない。

情報機器に対応した文字、このとき、情報機器は、コンピュータでは、もはや、ない。すでにインターネット閲覧の主流は、ケータイの方に移行している。ケータイの小さい画面のなかで見える文字の字体(小さい文字)、これを考えなければいけなくなっている。

たとえば、もろさんのブログ。ケータイからでも書き込める(常識かもしれないが。)

http://d.hatena.ne.jp/moroshigeki/20081101/p1

ケータイの文字については、これから考えていきたい。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/11/07/3889221/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。