幻想の康煕字典体2008-11-12

2008/11/12 當山日出夫

小形さんのブログで、さっそく速報されていた。もじのなまえ。

(新)常用漢字表の審議で、表外漢字の字体を採用か、という方向がしめされたよし。

http://d.hatena.ne.jp/ogwata/20081111/p1

これはこれでいいだろう、とは思う。一つの立場である。

私見を述べれば、なぜ、『康煕字典』であるのか? ということ。さらに言えば、どの『康煕字典』であるのか? ということ。

このあたりをきちんとふまえないで、ただ『康煕字典』が一人歩きしてしまうのは、問題があるという気がする。どういえばいだろうか、古めかしい表現になるが、共同幻想としての康煕字典体、とでもなるだろうか。

現実問題としては、現在の、規格「0213:04」をいじらなくてすむ。所詮、固有名詞をはずしてある現行の「常用漢字表」あるいは「(新)常用漢字表」(案)では、固有名詞(人名・地名)を含む、通常の日本語表記におて、字体の整合性で、問題が生じることは確か。ではどうすべきかというと、こまるのだが。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

_ 小熊善之 ― 2008-11-13 10時01分04秒

実際の委員会では特に言及されなかったと記憶していますが、恐らく委員会での「康煕字典体」は表外漢字字体表にある「いわゆる康煕字典体」であろうと思います。表外漢字字体表を踏襲、という流れからそう理解するのが順当であろうかと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/11/12/3911793/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。