新常用漢字:やはり玉突き現象がおきるかな2008-11-12

2008/11/12 當山日出夫

安岡さんの日記で、「痩」「瘦」について、書いてある。

はっきりと、正直に言って、今、私が、この文章を書いているディスプレイでは、どこかどうちがうのか、わからない。わかるだけ、フォントサイズを大きくしなければ、議論できないテーマというのも、ある意味で現実離れしているのではないかと思える。

すでに、二焦点の眼鏡を必要とする私の視力では、印刷文字では、8ポでは、判別不可能。ぎりぎり、9ポで、眼鏡をはずして見て、わかるかどうかというところ。

実用レベル(実装フォント)では、どっちでもいいような気がしないでもない。その区別を確認するために、いちいち眼鏡をはずさなければならなとなると、もう、どうでもいい(あくまでも、私個人で識別可能かという観点から、独断である。)

それにしても、追加字体を、拡張新字体(康煕字典体)でとどめるならいいが、変更するとなると、まず、表外漢字を変更しなければならなくなる。そうなると、JIS規格も。ここは、7月の「WS:文字」で、小形さんが指摘していた、玉突き現象が、まず、国内問題として発生する。

あらためて述べたいが、「もじのなまえ」で紹介の委員の意見など見ると、「安定」という表現が出てくる。「安定」ということについて、「社会的に一般的である」ということと、「規格でそうきめる」ということ、これらは、違うと思うが、いかがであろうか。

先のメッセージで、幻想の康煕字典体、と言った。ここは、幻想は幻想のまま、つまり、ある種の曖昧性をもたせた方が、社会的に安定して運用できる、という発想はダメなのだろうか。

あるいは、すでに、パンドラのはこをあけてしまった……

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/11/12/3911871/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。