新常用漢字:新聞社も当事者2008-11-13

2008/11/13 當山日出夫

おがたさんの「もじのなまえ」で、先日の、委員会の様子が報告されている。

http://d.hatena.ne.jp/ogwata/20081111/p1

これを見て、また、コメントを読んで思ったこと。

実は、(新)常用漢字表は、新聞社も、その当事者なのである、ということ。いわれてみれば、あたりまえ。委員会のメンバーを見ればすぐわかること。

だが、これを、報道という視点からみると、当事者であるが故の、バイアスがかかっていることになる。簡単にいえば、「自分に都合の悪いことは書かない。」

今、『朝日新聞』がどんな字をつかっているか。印刷標準字体に準拠である。ただし、「辻」は例外。また、固有名詞(地名)では、葛城市の「葛」(ヒ)と、一般の「葛」(人)、例えば、「葛藤」など、では、字体をつかいわけている。いや、それ以前に、「葛城市」と「葛城山」では、字を変えている。

こんな新聞紙面を作っていて、何が「正しい字であるか」など、新聞社にとっては、ヤブヘビ以外のなにものでもないかもしれない。拡張新字体ですか、康煕字典体ですか、これは、そっとしておきたいことだろう。

ま、ともあれ、次のことは確認しておかねばならない。

(新)常用漢字表について、新聞社も当事者である。ゆえに、客観報道など、期待できない。何を、新聞が報道しないか、が重要な論点をふくむ可能性がある。この意味で、おがたさんの「もじのなまえ」は、常に参照する価値がある、と賞賛しておきたい。

委員会は、公開であるといっても、すべての情報が、すぐに、開示されるというわけではない。参加できる人間にも、限りがある。また、議事録が、公開されるのは、かなり時間が経過してから、である。

當山日出夫(とうやまひでお)

追記 2008/11/13

葛木山→葛城山 に訂正。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/11/13/3913413/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。