学術書出版とDTP(2)2008-11-14

2008/11/14 當山日出夫

今、私の手元にある本。

『Wordで本をつくろう ヨコ組編』『Wordで本をつくろう タテ組編』の2冊。ともに、日本エディタースクール。2003年の刊行。

そして、裏表紙には、「この本も本文はWordで作成しました」とある。このなかには、ノンブル(頁番号)や、柱、なども含む。さらに、「2行取り中央」というような、出版印刷業界用語なども出てくるし、その設定法も解説してある。

これは、Word2003版である。したがって、今の2007版に、直接むすびつくというわけではない。(特に、うっかり、メイリオなど使ってしまうと、困る。)

この他にも、Wordで、組版までやってしまおう、という類の本は、いくつか出版されている。

やる気さえあれば、個人レベルで、組版までできてしまう。そして、今は、それを、フォント埋め込みPDFとして、出力できる。それを、出版社に送れば、本を作るコストの、幾分かは、安くできるだろう。

出版不況といわれる。編集・組版・印刷・製本、そして、出版社・書店、どれも景気がいいという話しはきかない。少部数の学術書出版、小規模になれば、実売部数が、200~300、ぐらい。買うのは、その分野の専門の研究者、でなければ、図書館や大学の研究室など。

万年筆と原稿用紙の時代。鉛の活字、あるいは、写植。まさに、活版印刷における「文選(ぶんせん)」があった時代。

パソコンで原稿を書く時代。プレーンなテキストファイルでわたせば、出版社の方で処理してくれる。

そして、今は、組版まで自分で作れる。

最終的に、本として、どうするか、編集や装丁など。これは、やはり、出版社の仕事。

このように考えると、原稿執筆から、本の完成まで、ワークフローが大きく変化してきたことがわかる。いや、少なくとも、変化の基盤は構築されている。この変化に対して、特に学術書の出版社、研究者(著者)、おいついていっていないのが、現状かもしれない。

いまだに、論文の執筆要項で、何字以内で、とか、400字詰原稿用紙で何枚以内で、とかある。このようにいわれても、直感的わからなくなってきている。電卓をとりだして、計算して、1行に何字で、1ページに何行、それで、何ページ、という数値を出さないと、分量の見当がつかない。

どうせ、ほとんどの人がワープロで原稿を書く時代、字数指定のついでに、A4用紙で、40字40行で何枚、とちょっとだけ書いておいてくれると、助かる。

出版の新しいワークフローが出来ているのに、なんとなく、対応がバラバラで、全体に、次のステージへと進めないでいるような印象を持つ。

當山日出夫(とうやまひでお)

活版を知る世代2008-11-14

2008/11/14 當山日出夫

おがたさん、コメント、恐縮です。

普通の人文学系の研究者のなかでは、私は、かなり「印刷」ということに興味・関心を持っている方だと思う。それで、文字のことをやっているのか、あるいは、若いときに、本を作る、という現場にたまたま立ち会ったせいなのか、たぶん、ニワトリとタマゴのような関係。

活版の印刷工場があって、文選・組版の現場に立ち会ったことがある、という経験がある(大学院のとき)。その後、数年を経ずして、活版が急激に姿を消し、写植(電算写植)に移行するのにも、たちあっている。また、自分で、版下原稿を、パソコン+レーザプリンタで作成して本にする、というものやっている。(自慢じゃないが、この分野では、草分け的な存在だと、多少の自負はある。『和漢朗詠集漢字索引』)。

また、活版印刷でも、日本では人件費的に無理。中国で、台湾で、という時代もあった。ある著名な出版社は、実は、その代理店の仕事をしていた、というのは、関係者に知られた話し。

パソコンが登場して、DTP(デスク・トップ・パブリッシング)という用語が使われるようになって、かなりの年月が経過している。しかし、実現しているかどうかとなると、本格的には、実は、これからかもしれない。

その一方で、すでに、電子ジャーナル・機関リポジトリなどが、話題になっている。

ついに、というべきか、情報処理学会が、完全に、ペーパーレスになる。紙の論文が無くなる。読みたければ、学会のHPから、PDFをダウンロードしてください(種類によって、無料・有料あれこれ)。

でも、PDFをプリントアウトして読むんだったら、ある意味で、ペーパーレスにはならない。余計なプリントアウトが増えるだけ。

また、問題は、図書館の蔵書検索には、対応しないこと。今、コンピュータやインターネットで検索されなければ、それは「存在しない」、に等しい時代。「存在しない」論文を、誰が書くんだろうか。

このような状況にあって、少部数の学術書出版、それから、図書館、の役割が問われることになる。

これは、本当の活版を知っている、おそらく最後の世代だから抱く感慨かもしれない。あ、それから、「ガリ版」もある。

余計なことかもしれないが、花園大学の「ミニミニ小説」のHPは、(小説の中身とは別に)、面白い。400字詰め原稿用紙のスキャン画像で載っている。

http://www.hanazono.ac.jp/info/20081020-365.html

応募方法を確認すると、形式は自由。ただし、電子メールでと、条件があるだけ。つまり、本人が原稿用紙をスキャンして、画像データ化して、添付した、ということだろう。

デジタルの時代になっても、原稿用紙は不滅である、かな。

當山日出夫(とうやまひでお)

勉誠出版のメールマガジン2008-11-14

2008/11/14 當山日出夫

勉誠出版が、PDF版でのメールマガジンを出し始めた。

第一号は、

http://www.bensey.co.jp/webpr/001.pdf

メールマガジンの登録は、

http://www.bensey.co.jp/mm.html

いろんな出版社が、それぞれ工夫を凝らしたメールマガジンを出している。個人的な感想を言えば、一番気にいっているのは、みすず書房。とにかく、シンプル、である。この会社の本の表紙のように。また、新刊案内だけではなく、在庫のある関連書籍を、適当に載せてあるのも良い。新刊・在庫のある本、これらが、多すぎると、ざっと読むどころか、完全に流してしまう。ほどほど分量が難しい。

で、勉誠出版のMMは、PDFで作ってある。MMには、それへのリンクが、記してある。必要だと思えば、ダウンロードして保存できる。

第一号についての感想を述べれば、掲載の文章と、書籍の紹介が、うまくレイアウトされている。基本は、種々のエッセイ。それに関連して、出版社の本が、邪魔にならないようにレイアウトしてある。あくまでも、読み物としての編集方針が、巧くいっている。

今回の号で、特に私が興味をもったのは、

鳥の博物誌(一) 小林祥治郎さん ※いまはあまり時間がとれないが、バードウォッチングが好きなので、鳥については、いくぶんの関心がある。

山田孝雄先生の思い出 吉田金彦さん ※「孝雄」は「よしお」と読みます。「たかお」ではありません。そのご子息が「忠雄」つまり山田忠雄先生で、私の「国語学」の先生です。

よくある例、あるお店の商品紹介のメールマガジン。長いけれど、最後まで、スクロールすると、「最後までお読みいただきありがとうございます」とあったりする。こんなこと書く暇があったら、読みたくなるようなメールマガジンを作れ、といいたくなる。

日本文学関係では、笠間書院・武蔵野書院・汲古書院、などの出版社が、冊子体の出版目録、兼、エッセイ集、といえるものを出している。勉誠出版のは、そのデジタル版として、価値がある。冊子体の本は、場所をとるし、整理が難しい。これなら、ハードディスクに、一つフォルダを作って、順次、保存していけばよい。

デジタル版と、紙の本と、うまく棲み分ける工夫をしなければ、共倒れにならないともかぎらない。今後の展開に期待したい。

當山日出夫(とうやまひでお)