読むこと、索引をつくること、デジタル化すること2008-11-15

2008/11/15 當山日出夫

勉誠出版メールマガジンから引用する。吉田金彦さんは、山田孝雄(どの敬称をつけるべきか迷ってしまう、やはり先生とすべきだろうか)、から、次のように聞いたと記している。

>>>>>

「君、万葉集をよく読みなさい。万葉の語をしらべると万葉以前が分るよ。私は正宗の索引などなかったから、奈良期文法史は、一つ一つ歌をよみ返して書いたものだよ。索引がなかったから何べんも万葉集を読み返すことが出来た」と手の内をあかされていた。

<<<<<

さて、今の時代、『万葉集』を学ぶ学生は、どうであろうか。文中、「正宗の索引」とあるのは、正宗敦夫の手になる万葉集索引。ただし、その本文(テキスト)が、江戸の版本というもの。もちろん、現代の、新しい万葉集には合致しない。(私の学生のころであれば、活字本として、塙書房版を使うのが通例であった。)

今、『万葉集』『源氏物語』『今昔物語集』、すべてデジタル化されている。『源氏物語』のデジタル化だけでも、いくつものバージョンがある。

現在において、デジタル化テキストから、どのような、新しい学知が生み出されるのだろうか。ふたたび、勉誠社メールマガジンの吉田金彦さんの文章にかえると、橋本進吉のいわゆる「上代特殊仮名遣い」について言及してある。

もし、橋本進吉が、『万葉集』について研究していたとき、すでにコンピュータがあったとしても、それが、即座に、「上代特殊仮名遣い」に結びつくことは無いであろう。やはり、ほとんど暗記するほどに、テキストを読み込まなければ、不可能であったと思う。ただ、デジタル化テキストは、その検証を、手早く確実にするのには、役立つ。

デジタルによる、新たな人文学知の展望を考えるとき、温故知新、むかしは、どんなふうに本を読んで研究していたのか、考えてみたい。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/11/15/3930533/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。