学術出版とDTP:組み版のレベルおよびデータの保存性2008-11-25

2008/11/25 當山日出夫

伊藤さん、細かなコメント、ありがとうございます。

通常の日本語ワープロでは、空白でも、2分空き、が使える限界でしょう。それから、1行の中に、サイズの異なる文字が並んでしまうと、ベースラインが、強制的に、どこかに偏ってしまいます。

などなど、プロの組み版から見れば、問題点だらけです。しかし、それでも、通常の日本語文であれば、そこそこ読めるものができる。そして、それを、研究者である、著者・読者が納得していて、出版社がOKであるならば、今後の学術書出版に一つの方向性を開くものとして、期待したいと思っています。

そういえば、今は、忘れられてしまっていますが、ジャストシステムは、組み版ソフトとして、『大地』というのを、一時期、つくっていたことがあります。これが、今に継続していて、『一太郎』と連携していたら。あるいは、管理工学研究所がの『松』が、Windows版で、生き延びていたら。

もともと、管理工学研究所が、日本語ワープロ『松』をつくったのは、写植の組み版のプログラムを開発していたから、という背景があったはずです。MS-DOSの時代、『一太郎』(ジャストシステム)よりも、『松』(管理工学研究所)の方が、きれいに、プリントアウトを作成できました。

ところで、書籍のデータの件ですが、まことに、伊藤さんのおっしゃるとおりです。耐久性という視点から見れば、現在では、紙の本が、すぐれています。今の、CD-ROMやDVD-ROMなどが、どれほどの耐久性を持っているのか、こころもとない限りです。

第一に、モノとしての耐久性。第二に、文字コードや画像フォーマットの継続性。

モノとしての耐久性については、コピーを繰り返せば、いや、コピーを繰り返すことによってしか、将来に残せません。

また、文字コードやフォーマットの問題については、私の知る限り、人文情報学や、アーカイブズの世界でも、近年になって、ようやく、議論が始まったばかりです。少なくとも、昨年ぐらいまで、日本アーカイブズ学会などでは、「デジタルは信用できない」という主張がメインでした。ここにきて、急に、方向が変わってきたな、という印象を持っています。

伊藤さんのあつかっておられる外交資料というのは、公的なアーカイブズとも、非常に関連のある研究分野のはずです。

図書館、博物館、美術館、そして、文書館、これらにおいて、デジタルデータとは何であるのか、いまこそ考えるべき時です。来月12月の6日には、アート・ドキュメンテーション学会で、発表です。ここでは、文字のことについて話す予定をしています。デジタルで、今、見ている文字を残すことの問題、あるいは、困難についてです。印刷博物館が会場ですから、あえてこのテーマで発表することにしました。(発表要旨の原稿はすでに書いて送りましたが、パワーポイントをつくるのは、これから。)

ともあれ、来月の、アート・ドキュメンテーション学会(JADS)の発表について、伊藤さんからのコメントは、きわめて示唆にとむ有意義なものです。御礼もうしあげます。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

_ 伊藤信哉 ― 2008-11-25 23時58分00秒

何やらコメント欄に私の名前ばかりが並んで恐縮です。

「研究者である、著者・読者が納得していて、出版社がOKであるならば、今後の学術書出版に一つの方向性を開くものとして、期待したい」といふのは、双手を挙げて賛成です。そして、誰かが「先行者」としてそれを実践することで、さまざまなノウハウが蓄積されるはずですから、先に紹介された當山さんの企画されてゐる本には、大いに注目してゐます。
また私自身の経験が、どなたかのお役に立てるなら、積極的にその話もしてゆきたいと思つてゐます。今のところ、周囲にそのやうな関心の持ち主が見当らないので、実現してゐませんが。

ところでこの連休中、すこしばかり時間ができましたので、私のウェブサイトに手を入れて、おそらく當山さんがご関心をお持ちであらう諸点について、拙稿(論文)の全文データを公開しました(PDF版です)。

論文「近代活字史料のデジタル化と文字コード処理」
http://www.s-ito.jp/home/research/other/mojicode.html

論文「個人レベルにおける史料のデジタル化に関する一試論」
http://www.s-ito.jp/home/research/other/digital.html

後者は2002年の論文で、技法的には陳腐化してますが、それ以外の部分で、いくばくか参考になるところが残つてゐるかもしれません。

前者についても、當山さんにとつては「釈迦に説法」以外の何ものでもありませんが....。

上述の通り、全文データを読むことができますので、なにかの参考にしていただければ幸です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/11/25/3975038/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。