『ARG』351号の感想2008-12-01

2008/12/01 當山日出夫

例のごとく、インターネットのつながらない環境にいる。我が家で、UUBメモリに保存してきた、『ARG』を、レッツノートで読む。家に帰ってから、手をいれて送信。

ARGの351号

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081201/1228060651

今回は、巻頭の佐藤翔さんの文章がメイン。ARGカフェには、行きたかったが、なかなか都合がつかなくて断念。だが、その様子は。今回の号や、佐藤さんの文章やブログで、わかる。

大事なことは、みんなが、研究会・学会などについて、コメントを書くこと、である、これはまったくそのとおり。だが、各自の専門分野では、難しいかもしれない。このように書いている私でも、自分の専門分野の学会(日本語学会・訓点語学会)のレポートを書くにはいたっていない。

会場で、質疑応答のときに発言する、あるいは、後の懇親会で、ざっくばらんに発表についてコメントしたり、というのとはちょっと違う。正直に言って、ハードルが高い。

しかし、ARGカフェや、人文情報学関係の、研究会などでは、かなり気楽にコメントが書ける。それは、「ARG」や「デジタル」をキーワードとして、「専門」の異なる人が集まる場であるから、であろう。この領域は、「ホーム」でもあり、また、「アウェー」でもある、ちょうど汽水域のようなところ。

だからこそ、積極的に、出て行って交流しようと思う。また、出ていかなければ、情報は得られない。先日、岡本さんの文章を引用したように、「情報を発信するとことに情報はあつまる」のであるから。

これを、さらに、自分なりに解釈すれば、情報発信しようという意志を持ってのぞむからこそ、いろんな情報にアクセスすることになる。たとえば、自分の言いたいことに関連した、HPやブログを探してみるなど、である。これは、ちょっとした、気持ちの持ちようである。学生が、授業のレポートを書くために、インターネットで情報収集するのとは、大きく異なるだろう。

今月は、いろいろと、人文情報学(デジタル・ヒューマニティーズ関係)の学会や研究会がある。そこで、みずからの専門をたもちながらも、他の人々との交流の場を、きづければと思う。特に、若い人たちが、気楽に参加して、気楽に、自ら話し、また、人の話しを聞く、このような場であって欲しい。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2008/12/01/3987350/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。