保存という死蔵2009-02-24

2009/02/24 當山日出夫

これは、『ARG』の363号の「文学館」の研究事例とも関連する。トラックバックをもらってあるので、整理しておきたい。

読書日記
http://tsysoba.txt-nifty.com/booklog/2009/02/arg03-1ce5.html

基本になっているのは、昨年のアート・ドキュメンテーション学会での、「写し絵」の玉川文楽さんのスピーチ。「写し絵」は、昭和初期まで全国でおこなわれており、その資料(種板=映画でいえばフィルム)は、各地の、博物館などにかなり保存されている。

ここから先は、私の思うこと。保存されているのは、モノ、である。それを、現代に甦らせようとするならば、コピーするなり、写真撮影するなりが、必要。そのとき、利用目的が、「みんわ座」という劇団(写し絵、商業利用)の活動にかかわるとなると、とたんに「ノー」と言われる。有償・無償以前に、ダメといわれてしまう。

あるいは、浮世絵のデジタルアーカイブ。公開している機関のなかには、ブラウザで見る以外のことは、一切してはいけない、という条件のところがある。これで、何を研究しろと言うのか。

ただ、すべての、文化財の保有機関がそうであると言っているわけではない。しかるべき手続きをふめば、商業的な利用を許可するところもある。(京都大学電子図書館など)。

『ARG』363号の岡野さんの論文では、
3.2.1 文学館よるレファレンス拒否
3.2.2 館長の権限と資料の囲い込み
に記述されているあたりのことが、いくつかの、MLA(それに大学などをふくめて)においては見られるということである。

保存された文化財の継承と利活用、これは、狭義のアカデミズムだけが担うことであろうか。論文を書くためだけに、保存してあるのか。出版・映画・演劇、その他の商業的な利用のなかで、ひとびとの生活のなかに受け継がれていくことは無意味で、拒否する、というのであるか。

もちろん、博物館・美術館、図書館、文書館、大学・研究機関、それぞれに設立の法的基盤もちがうし、理念も異なる。一律には論じられない。しかし、文化財の保存という点からは、利用者にとっては同じである。

まずは、このことを、問題提起したいのである。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

_ oba ― 2009-02-24 22時10分21秒

早速ありがとうございます。
全体的な状況としてはまだまだなんですね。
あと、ネットで公開している画像は直接使うことは駄目、としておいて、別途フィルムや画像ファイルを(有償で)提供、というケースもありますね(これはこれでどうなのか、と考えてしまいますが)。
論点としては、全面的に了解です。
現場で話をしていく際には、もうちょっとおとなしく、「ベストプラクティス」(まだ完璧な事例はないかもしれませんが)を引き合いに、徐々に変えて行く、という話になるのかな、と思います。

_ oba ― 2009-02-25 09時23分38秒

はてなブックマークで、
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://yamamomo.asablo.jp/blog/2009/02/24/4137706
法的な状況についてコメントしてくれている方がいます。
そちらもご参照を。状況を変えるのは簡単ではないのかもしれません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2009/02/24/4137706/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。