東洋学へのコンピュータ利用2009-03-02

2009/03/02 當山日出夫

あれこれと、研究会の連続で、ややつかれぎみ。まあ、なんとかしよう。さしあたって、原稿のしめきりがひとつ、校正を見なければならないのがひとつ。

さて、毎年恒例の行事となっている、研究会、今年も開催。プログラムの案内がだいたいまとまったようなので、以下に記す。

===================================

「東洋学へのコンピュータ利用」第20回研究セミナー

とき: 2009年3月27日(金)10:00~17:10
ところ: 京都大学人文科学研究所本館(新館)1Fガラス張りセミナー室
主催: 京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター

問い合わせ:
diccs★kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp

プログラム(各発表題目も含め以下予定):

10:00~10:10 開会挨拶

10:10~10:55 『内村鑑三全集』デジタル版の文字処理について
―電子出版における文字と文字コードの課題―
       當山日出夫(立命館大学GCOE)

10:55~11:40 グリフウィキを用いた自由な漢字フォントの制作
       上地宏一(東京工科大学)

13:00~13:45 平成明朝体グリフの字形変異について
       高田智和(国立国語研究所)

13:45~14:30 新常用漢字(仮称)試案の字体における問題点
       安岡孝一(京都大学)

14:30~15:15 中国の漢字符号化の歴史とGB 7589・GB 7590
       川幡太一(NTTコミュニケーションズ)

15:30~16:15 Old Hanziにおける甲骨文字符号化作業の問題点と、
金文・列国文字符号化作業への影響
       鈴木敦(茨城大学)

16:15~17:00 類目外字における“Old Hanzi”
       守岡知彦(京都大学)

17:00~17:10 閉会挨拶

===================================

當山日出夫(とうやまひでお)

絵文字への関心のたかさ2009-03-02

2009/03/02 當山日出夫

絵文字、が話題である。文字については、「新常用漢字」(仮称)の問題もある。だが、世の中、あるいは、ネットのなかでは、こちらよりも、絵文字の方に関心が集中しているように思える。

小形さんの「もじのなまえ」

http://d.hatena.ne.jp/ogwata/20090227/p1

ここから、
絵文字が開いてしまった「パンドラの箱」第1回
日本の携帯電話キャリアが選んだ道
小形克宏

http://japan.cnet.com/column/pers/media/story/0,2000058034,20389042,00.htm

にリンクしてあり、その記事が読める。

絵文字そのものについては、私なりに思うこともあるが、その中に、絵文字についての興味関心のたかまりがある。なぜ、みんな、こんなに、絵文字のことになると、興味をしめすのか。文字論というよりも、コミュニケーション論、という方向で、面白い。

パソコンで絵文字がつかえるようになったら、つかうかかどうか。私個人では、使う気にはならない。だが、インターネット=ケータイで、メール以外では、Twitter 的な使い方が主な人にとっては、むしろ、必須のことかもしれない。Unicodeで漢字がどうのこうのというのとは、また、違った次元の問題がここにはある。

當山日出夫(とうやまひでお)

京都大学文書館2009-03-02

2009/03/02 當山日出夫

松田さんのコメントの中に書いてあるので、検索できない、と思って、ここに表に出して記す。

京都大学 大学文書館だより

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/68826/1/newsletter_8.pdf

これには、松田清さんの「室賀信夫氏個人資料の寄贈」という文章が載っている。京都大学で地理学を研究した、故・室賀信夫の研究アーカイブズの紹介となっている。他にも、面白い記事が載っている。まずは、一読の価値有り。

當山日出夫(とうやまひでお)