新常用漢字:説明会のメンバー2009-03-13

2009/03/13 當山日出夫

安岡さんのご指摘のように、一番、「新常用漢字」が決まって影響をうける分野の人が顔を出していませんね(まあ、当日は、どこかで出席なさるのでしょうが。)

新聞関係と教育関係、これらの分野が最も大きく影響をうけるはず。(そして、さらには、印刷・出版関係。場合によっては、コンピュータ関係。)

現時点では、議事録まで公式にオープンなのは、第28回(H20年11月25日)。議事次第配付資料は、その次の第29回(H20年12月16日)、まで。

ここを見ている人なら知っていると思いますが、URLは、

http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/bunkasingi/kanji.html

これだけの議事録の経緯があって、さらにインターネット上で様々な議論があって、では、どのような「説明」がなされるのか、とっても興味はあります。しかし、私も時間的に厳しい。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2009/03/13/4173523/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。