DHワークショップに行きたかったが2009-03-26

2009/03/26 當山日出夫

今日は、確か、「新常用漢字表(仮称)」の説明会のはず。また、それとは違うが、東大での「デジタルヒューマニティーズ・ワークショップ」が3日間、開催される。行きたいのやまやまであるが、ともあれ、明日は、京大のセミナーで発表。

・今昔文字鏡を使って入力したデータは、プレーンなテキストにすると字が化けます。どうしましょう。

・JIS漢字でも、XPで0208で書いたのと、Vistaで0213(04)で書いたのでは、字が違って見えます。どっちにしますか。

・拡張新字体でいいでしょうか。

・Unicode CJK統合漢字までつかいますか、どうしますか。

というような話し。はっきり言って、目新しいことは何もない。しかし、一方で、このようなことでも、意外と世の中に広まっていない。分かりやすく、このようなことを説明するとなると、とても難しい。

一般の人に分かりやすく解説するという努力がもっと必要。「新常用漢字表(仮称)」と文字コードの問題も、このあたりにある。

また、DH(デジタル・ヒューマニティーズ)を考えるうえで、テキスト処理は基本の技術。それを根底から支えるのは文字コード。さらには、将来のデジタル文書のアーカイブズも考えねばならない。

文字からはなれて、本を読んですごしたい。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2009/03/26/4204784/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。