『論文を書くためのWord利用法』2009-03-31

2009/03/31 當山日出夫

上山あゆみ.『論文を書くためのWord利用法』.くろしお出版.2009

テキストになるかと思って買って読んでみて、結局、やめることにした。理由は単純、私は、Word2003版には、見切りをつけてしまっているので、ということ。

年度のはじめ、学生に、次のような質問をして、回答をもとめる。
・自分でコンピュータを持っているかどうか。
・その種類はなにか。

もう、過半数の学生は、WindowsVista。したがって、使用しているオフィスは、2007版。まあ、中には、「わかりません」と回答する学生もいるのだが、これはまた別。(それだけ、世の中に、コンピュータが普及したということだろう。)

すでに、次期Windows7がどうなるかという時に、強いて2003版の利用に、時間をついやそうとは思わない。ただ、すでに、持っていて使っている人は、個人としての利用であれば、『論文を書くためのWord利用法』は、役にたつ。ただ、学生に教えるメリットがあるかどうか、である。

私なら、一つだけ、これだけは、というのを教える。「書式のコピー/書式の貼り付け」のアイコンである。うまくつかえば、テンプレートをつくるよりも手軽に、一つの文書の書式の統一が可能。

『論文を書くためのWord利用法』は、個人で、すでに2003版を使っているひとには、役立つ。ただ、テキストとして学生に教えるとなったら、もう1年まって、Windows7が出てから考える、というところ。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2009/03/31/4215558/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。