『ARG』376号の感想など2009-05-26

2009/05/26 當山日出夫

「ARG」367号の感想などすこし。今日は、「休校」。先ほど、映像学部に、休校措置への対応のメールを送ったばかり。幸か不幸か、担当のデジタルアーカイブ論は、木曜日。ぎりぎり、休校の日からはずれているので、影響をうけない。最終日、なんとか「まとめ」の話しをして終わり、の予定。

まず、郡山女子大学のパスファインダーの件。なぜか(?)私のブログが参照されているので、ひとことだけ。

http://library.koriyama-kgc.ac.jp/

http://library.koriyama-kgc.ac.jp/path/


ユーザが図書館にともめるものはなにか。
1.めざす本・論文があるかどうか
2.それが読めるかどうか
3.複写や貸し出しか可能かどうか

これが、(私の立場からすれば)基本。


それと、もう一つの方向は、「このようなことを調べたいのですが、どんな本や論文がありますか」ということ。これが専門的になればなるほど、ピンポイントの情報になる。いいかえれば、今、自分が調べようとしていることを、先に調べた人がいるかどうか(いわゆる先行研究)があるかどうか。

実際に論文を書こうと思うと、こちらの方に時間をついやす。(そして査読では、「この先行研究論文に言及していないので」とマイナス評価になったりする)。

このAとB、学生レベルと専門の研究者レベルでは異なる。そして、専門的な研究者でも、自分の専門領域を、少しでもはずれると、もうわからない、という状況になる。

さて、では、「論文の書き方」の本を図書館に探しに行くとどうなるか。

・学生であれば、自分の専攻分野の論文の書き方(特に、参考文献リストの書き方を知りたい)

・専門家であれば、(自分の専門ではない)他の分野の方式を知りたいことがある。論文の書き方を教えるような授業をするとき。

そして、いわゆる伝統的な人文学研究については、その情報が、WEBにはとぼしい。そもそも、WEBの情報にかたよりがある。この偏りの傾向をあらかじめ知っているかどうか、が問題である。

コンピュータやWEBを日常的につかうような分野では、論文の書き方のマニュアル化もすすんでいる。知の顕在化。一方、そのようなものは、先生のマネをしておぼえるという、分野もある。暗黙知とでもいえる。

そもそもの、この偏りを図書館の人ががわかって、レファレンスサービスに従事するかどうか、だと思う。あえていえば、「すでに本になったものだけを対象とするのが図書館である」、でいいのだろうか。

本にできない、また、しない「知」というものもある。

図書館がWEBにかかわるようになったとき、むしろ、このような問題点が露呈してきたと考えることはできないだろうか。

他にも書きたいことはあるが、追って時間をみつけて。

當山日出夫(とうやまひでお)

SBMは信用できるか2009-05-26

2009/05/26 當山日出夫

「ARG」376での、郡山女子大学の件とも関連するが、SBMについて思うことをすこし。

このブログ(やまもも書斎記)とは別に、「はてな」の方に「明窓浄机」の名称で、こちらは、文字のことを書くことを専門にしてブログをつくってある。そのこともあって、文字関係のブログはかなり見る。

そうすると、おおむね極端にわかれる。あるいは、そのような傾向にむかいつつあるように感じる。


本当に論点のわかっている専門家が、コメントやトラックバックをつける。あるいは、SBMをつける。比較的少数。しかし、内容は、非常に深いものになる。


ともかく興味があれば、SBMをつける。この場合、膨大な数になる。

最近の事例でいえば、「新常用漢字表(仮称)」で「しょうがいしゃ」をどう表記するかの問題。「障害」「障碍」「障がい」。この問題についての中心は、おがたさんの「もじのなまえ」

http://d.hatena.ne.jp/ogwata/20090517

議論は、非常に活発(あるいは、泥沼的になったともいえなくもないが)。しかし、SBMの数は少ない。

しかし、「絵文字」についてのテーマになると、多い。

http://d.hatena.ne.jp/ogwata/20081127

さらに、こここで言及の、CNETの「絵文字が開いてしまった「パンドラの箱」には、600をこえる、SBMがついている。

http://japan.cnet.com/column/pers/media/story/0,2000058034,20389042,00.htm

SBMの数というのは、そこに書かれたた文章の質を保証するであろうか。(なお、この件の場合、おがたさんお記事は信頼度がたかいものである。)

それから、特に「はてな」のSBMを見ていて、感じることであるが、ブログへのコメント機能(匿名)でもなく、トラックバックでもなく、SBMでのごく短いコメントを書いてしまうという例が多い。

これはこれでいいのかもしれないが、「タグ」を共有することによって、情報の流通・共有をはかり、集合知へと向かう、この方向からすると、別の方に向かっていってしまっているように思えてならない。

こうなってくると、SBMの機能としては、その記事であつかわれているテーマへの「人気投票」でしかないように思える。ここから先にあるのは、「集合知」であろうか、それとも「衆愚」であろうか。

そして、先に投稿した記事に書いたように、SBMがつけられるのは、WEB上にある情報についてのみ。そこにいたらない、暗黙の部分については、何もそこから見出すことはできない。

當山日出夫(とうやまひでお)

みんなのキャンパス私見:学生の知的レベル2009-05-26

2009/05/26 當山日出夫

『ARG』376号で紹介。みんなのキャンパスへの対応。

みんなのキャンパス
http://campus.nikki.ne.jp/

ARG
http://d.hatena.ne.jp/arg/20090525/1243250432

で、ここからリンクの田中浩朗研究室

http://ohst.jp/tdu/?cat=10

ここに書いてある、

>>>>>

さて,個々の評価に対するコメントを述べる前に,みんなのキャンパスに書かれている評価全般についてコメントしておきます。現在,そこに書かれている評価の多くは,その科目の単位が楽に取れるか否か(いわゆる「楽勝科目」か否か)という観点を重視したものになっています。つまり,いかに勉強をサボって単位をとり,卒業できるかということに関心を向けたものになっています。ここで,本学の学生の多くがそのような書き込みをすることが世間にどのように映るかをよく考えてみて欲しいと思います(みんなのキャンパスへの書き込みは誰でも見ることができます)。そのような書き込みを見た人は,「東京電機大学の卒業生は,ろくに勉強もせずに卒業した人ばかりなのではないか」と思ってしまうかもしれません。つまり,公開のサイトで楽勝科目情報のやりとりをすることは,自らの大学の価値を下げるような愚かで恥ずかしい行為となってしまうかも知れないのです。

授業の評価は,その授業を受けて良かったかどうか,どこが良かったか,どこが悪かったか,をできるだけ具体的に書くようにしてください。それは,他の学生にとって役に立つだけでなく,教員にとっても役立つ情報となります。また,東京電機大学の学生は熱心に勉強していると世間にも好印象を与えることができるでしょう。

<<<<<

これには、まったく同感。

そして、みんなのキャンパスで、私の担当(立命館大学、文学部、情報処理入門)を見る。案の定というべきである。楽勝科目として、コメントがついている。だが、このコメントからは、私が、シラバスに書いた次の点が読み取れない。オンラインシラバスに私は次のように書いている。

>>>>>

〈コンピュータがにがて〉〈タイピングが遅いので不安〉などと思っている学生にこそきてもらいたい。大学での勉強で、ワープロでのレポート作成は必須である。専攻分野によって、必要とれさるコンピュータ技能には違いがあるが、一般的に、どのような分野であっても、それにふさわしい書式で、きちんと形式の整ったレポートを書けるようになっておく必要がある。そのための、基本となる文書作成技能を、実践的に練習を積み重ねることによって身につけるようにしたい。

『ウサギとカメ』の頑張るカメさんを、見捨てるようなことは絶対にしないことを約束する。まじめに各回の課題にとりくんでもらいたい。

<<<<<

この科目についての担当者(私)の意図は、「カメさん」が対象なのである。大学での勉強のための最低限の、文書作成技能を身につけることが目標。したがって、対象を、「ウサギ」の方にしてより高度なとすれば、「カメ」を見捨てることになる。これは、したくないし、してはならないと考える。ゆえに、過半数の学生にとっては、楽勝科目になってしまう。また、授業の実感としては、カメさんの方が、実は、非常に真面目である。そして、そのための科目は必要である。

私がシラバスに書いたことと、あわせて読めば、私の授業に楽勝科目とコメントを書いた学生は、みずからの知的レベルの低さをしめしたにすぎない。すくなくとも、シラバスを読んでから、コメントを書け。シラバスも、外部から参照可能(公開)なのであるから。

當山日出夫(とうやまひでお)


書物にならない知2009-05-26

2009/05/26 當山日出夫

今日は、「休校」なので、清水義範の『翼よ、あれは何の灯だ』を読みながら、いろいろと書いている。

現在、「デジタル」の時代になって、「デジタル化できるもの/できないもの」という問題設定がなされるようになった。先日の東大でのCH82研究会における、モーションキャプチャをめぐる議論は、まさに、この点が大きな争点として、活発な議論があった。(このことは追って書きたい)。

では、これ以前はどうだったろうかと思い返してみる。文字/無文字、あるいは、文字があっても文字化されない、というような問いかけはあったと思う。しかし、ダイレクトに、

書物になる知/ならない知

というような根源的問いかけが、本格的になされただろうか。あるのかもしれない。しかし、現在の上述のような「デジタル」をめぐる議論のように、一般的な問題提起として、共有されているとは思えない。

ということは、図書館というのは、書物の存在を大前提にしている、この当たり前のことに、再度、認識を新たにすることになる。デジタル図書館を考えたとき、

(1)モノとしての書物が、どうデジタル化されるのか。逆に言えば、デジタル化できない、書物のモノとしての属性。

(2)書物以外のものも、デジタルライブラリの対象になるであろう。あるいは、はデジタルミュージアムの方向に向かうか。

ここで、「デジタルライブラリ・デジタルミュージアム」の議論になるかもしれない。だが、私としては、そもそもこれまで人間が文化として蓄積してきた知は、書物のみによっているのではない、という当たり前のことを、まず、確認したいと思っている。

知は書物のみにあらず、ということである。

ひょっとすると、この議論をふまえないでは、デジタルライブラリも、デジタルミュージアムも、論じられないかもしれない。

「文字を書く」ことによって書物はなりたつ(写本)。写本は、書物として残る。だが、写本(書物)がいくら残っても、「文字を書くという行為」の継承は、まさに、「文字を書くという行為」によってしか、継承できない。「写本」が残るだけでは、「行為の継承」を保証できない。「文字」も知であると同時に、「文字を書くという行為」も知である。

とりあえず、このように考えている。図書館学の立場の人は、また、別の考えをお持ちとはおもうが。

ただ、私がこのように考える背景には、ガチガチの文献学がある、ということだけは言い添えておきたい。

當山日出夫(とうやまひでお)

京大が休校にしない理由についての疑問2009-05-26

2009/05/26 當山日出夫

ここ数日、各大学のHPを見ている。どの大学が、いつの時点で、休校の判断をくだし、HPに掲載したか。兵庫・大阪のつぎ、京都はどうなるかと、関心があった。(あたりまえだ。家を出て学校について「お休みです」では時間と交通費の無駄。)

花園大学は明確であった。
京都で1名でも感染者が出た場合は、翌日から休校、と事前に明示されていたので、わかりやすい。

対照的なのが京都大学。現時点でも、休校にはしない方針。
これは、「ARG」でも指摘してある。私も、毎日、見ている。ただ、ここで、気になるのがひとつ。

まず、京都市・京都府からの要請がある、ということが述べてある。そのうえで、

(1)京都で感染者が出た場合、他の学校(幼稚園・小学校から大学まで)が、すべて休校になる、このことを前提にして、京大だけ休校にしないのか。

あるいは、逆に、

(2)他の学校が、すべて京都市・京都府からの要請を無視して、休校にしないでいる、その場合も休校にしない。要するに、京都全体での休校は無意味ということ。

京大のHPで「学内感染」については言及してある。しかし、京都の他の学校などの動きがどうであるのかについての具体的言及はない。どちらの前提で判断を下したのか。この点を明確に示してこそ、本当の意味での、学問的見識と説明責任、であると、私は思う。

當山日出夫(とうやまひでお)