『理系バカと文系バカ』2009-05-04

2009/05/04 當山日出夫

竹内薫.『理系バカと文系バカ』(PHP新書).PHP研究所.2009

CH(人文科学とコンピュータ)とか、DH(デジタル・ヒューマニティーズ)というような分野にかかわりはじめて、かなりになる。いろいろと、いわゆる「文理融合」ということについて、考えることがあった。

個人的には、理系バカも文系バカもいない。いるのは、バカだけである。バカには、文系も理系もない。また、逆に、優秀な人はいる。そういう人にとっては、また、文系も理系もない。

そういえば、『バカの壁』という本があったが(いまもあるが)、壁のむこうがわにいる人間と、こちら側にいる人間、このようにわけた方が、わかりやすい。

とはいえ、やはり、文系・理系の違いがあるのは、現実の社会のあり方。それは、「文系・理系」というカテゴリを設定してしまっている、今の、日本の社会(特に、学校教育)のあり方が、そもそもの問題と思う。

以下、雑感。

特に、中学・高校での、教師の資質が大きいと、個人的には思う。それと、個々の生徒の特性。

私の場合、国語でも、古典は非常によくわかった(いわゆる学校古典文法は大好きだった)、しかし、現代国語は、さっぱりであった(かろうじて平均ぐらいか)。一方、数学はどうかというと、幾何・図形をあつかう分野は、問題を見た瞬間に答えがわかる、試験の時間は、あまった時間が退屈でしかたがなかった。ところが、計算式を解くような分野になると、さっぱりわからない(これも、かろうじて平均ぐらい)。

まあ、文学・歴史が好きだったので、文学部国文科、そして、国語学を学ぶという方向をえらんだ。

ところで、いま、実際に、CHやDHにかかわっている、いろんな大学の先生と話しをして感じること。大学になってからの、教育システムの違い。

大学で、理系であれば、まず、微分・積分、とすすんでいく。この教育課程は、基本的に、どの大学でも同じ(学生のレベル差はあるかもしれないが。)いわば、暗黙のうちの、共通カリキュラムがある。いまでは、それに、コンピュータのプログラミング実習など、ふくまれるだろう。

ところが、文系であれば、暗黙の共通カリキュラムがない。確かに、共通する、暗黙知はある。だが、それは、形式的におもてにあらわれにくい。きわめて深いとことで、通底している。だが、これは、非常に強固なものである。

文理融合・文理連携をいうならば、まず、文学部でのカリキュラムや教育方法、逆に、理学部・工学部でのカリキュラムや教育方法、これを、相互に、提示し観察し話し合うことが、重要かと思う。

理系といっても、「理」と「工」では考え方が違うだろうし、文系といっても、文学研究と、言語理論の研究は違う。だが、大局的に、文理を総合する、リベラルアーツが必要になってきていることは確かである。

當山日出夫(とうやまひでお)

追記
「文理」を「分離」と誤記してあったので訂正。2009/05/04

『ARG』373号を読んで2009-05-04

2009/05/04 當山日出夫

『ARG』373号を読んで、感じたことなど。

まずは、文部科学省の「デジタルミュージアム」構想である。実際、どこが名乗りをあげ、どこが獲得することになるのかは、分からない。しかし、「官」の主導とはいえ、ここまで、時代が変わったことは確かである。

単にプロトタイプとして語るのではなく、すでに、デジタルミュージアムが現実のものになっていることを実感。今後、この流れとして、この私のブログでも述べてきたように「MLA+D」の方向を、どのように具現化させるか、一緒に考えなければならない。つまらないことで、ナワバリ争いをしているときではない。

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090503/1241351358

それから、どうでもいいようなことかもしれないが、

松村真宏・三浦麻子著『人文・社会科学のためのテキストマイニング』(誠信書房、2009年、2520円)

この本、いまだに手にはいらない。最初、AmazonからDMで知った。折り返し、注文の手続き。しかし、いっこうにこない。で、しばらくして、入荷があおくれますのメール。

一方、本やタウンでも、まだ、登録されていない。日販があつかっていない、ということは、まだ未刊ということかな。

と、ひとのことはいっていられない。出るはずの『論集文字』(第1号)、実は、もうすこし。でも、これはこれで、第2号の編集と、第3回のWS(文字研究会)の企画をすすめるつもり。

當山日出夫(とうやまひでお)


『諸君!』最終号2009-05-04

2009/05/04 當山日出夫

歴史に「もし」はないが、とはよくいう。だが、もし、『諸君!』が無くなるということがなければ、『朝日ジャーナル』の「怒りの復活」もありえなかったかもしれない。

その最終号(2009年6月号)が、手元にある。

『諸君! -最終号特別企画 日本への遺書-』.文藝春秋.2009年6月

論壇の栄枯盛衰、これもまた、「動的平衡」のひとつのありかたであろう。ちなみに、『動的平衡』(木楽舎、2009)の著者、福岡伸一氏も寄稿している。

ただ、『朝日ジャーナル』『諸君!』が、体現してきた、雑誌言論における「マナー」が、今後どうなるか。『諸君!』最終号には、佐々木俊尚氏の「ネット論壇時評」が掲載。そこには、「きちんとネットの声に耳を傾け、ネットのざわめきに君を澄ませる努力さえ怠らなければ、ネットの側はいつでもマスメディアと補完関係を作り出す用意はできているのだ。」とある。

だが、雑誌論壇が滅亡にちかづきつつあるとき、逆に、ネット過信も、新たな問題となりかねない。『ウェブはバカと暇人のもの-現場からのネット敗北宣言』(光文社新書)。

當山日出夫(とうやまひでお)

『ウェブはバカと暇人のもの』2009-05-05

2009/05/05 當山日出夫

中川淳一郎.『ウェブはバカと暇人のもの-現場からのネット敗北宣言-』(光文社新書).光文社.2009

この本の対極にあるのが、梅田望夫であり、佐々木俊尚、などの著作であろう。ネットに未来を見る。だが、この本は、(意図的にであろうが)その、正反対のことを言っている。

とはいえ、ネット礼賛への単なる批判書かというと、そうでもない。かなり、冷静に、現在の(すくなくとも日本の)ネットの状況を確実に見ている。

>>>>>
断言しよう。凡庸な人間はネットを使うことによっていきなり優秀になるわけではないし、バカもネットを使うことによって世間にとって有用な才能を突然開花させ、世の中に良いものをもたらすわけでもない。
(p.18)

・ネットはプロの物書きや企業にとって、もっとも自由度がない場所である。
・ネットが自由な発言の場だと考えられる人は、失うものがない人だけである。
(p.90)
<<<<<

として、「集合知」ならぬ「集合愚」に言及する。

個人的感想としては、全体的にはあたっている、と思う。とはいえ、だから、梅田望夫・佐々木俊尚の本が無意味かというとそうでもない。端的に言えば、「2ちゃんねる」までふくめてネットと考えるか、あるいは、これは無視しておいて、志ある人間による情報発信と相互の連携(トラックバックやSBMなど)に、将来におけるネット言論を見るかである。

自分が見ているネットの世界は、全体のなかの一部にすぎない。そこをどう利用するか、バカな暇人がつかうだけではない。ネットから生まれる、新しい「知」もあり得ることを、信じる。

當山日出夫(とうやまひでお)

『病の起源』睡眠時無呼吸症2009-05-05

2009/05/05 當山日出夫

『病の起源』1・2.NHK「病の起源」取材班(編).NHK出版.2009

ゴーギャンの作品に「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」というのがある。いまの「われわれ」はどのようにして今のごとくあるのか。

昨年のNHKの番組を本にしたもの。以前、このブログでも、すこし触れたことがある。しかし、順番に読んで感想を記していってみようと思う。この本(2冊)で言及してあることは、いわゆる「病気」ではある。しかし、細菌やウイルスによる病気ではない。人間が、進化の過程で、やむなくそうなってしまった、まさに人間の存在にかかわることである。

第1巻は、睡眠時無呼吸症、骨と皮膚の病、腰痛、からなる。まずは、睡眠時無呼吸症、から。

論点は、多岐にわたる。睡眠時無呼吸症による、昼間の眠気の問題としてまず提起される。確かに、現代社会において、昼間の時間、眠くなってしまう、というのは「こまる」。だから、「病」ということになる。その対処法も、いろいろ考案されている。

だが、同時に考えなければならないのは、人間の無呼吸症という危険をおかしながらも獲得したものがある。それは、言語(音声言語)である。どこまで、「言語」が人間にとって、生得的なものであるか、これは、言語研究においても、さまざまに議論がある。

私個人の考えることとしては、先天的な聴覚障害の人であっても、言語運用能力はある、ということから、「言語=音声言語」に限定して考える立場には、賛成しない。

とはいえ、人類が「音声言語」を獲得したことの意味は、人類史において、画期的なことであることは確か。

ところで、『動的平衡』(福岡伸一)には、興味深いエピソードが登場する。ゾウとクジラの話しである。通常の人間の可聴領域よりも低い音域で、ゾウはコミュニケーションしている。そして、ゾウとクジラが、「はなし」ができる。

また、イヌは、人間よりもはるかにするどい耳を持っていることは、よく知られている。

ここで私は次のような疑問を感じる。なぜ、人間は「音声言語」を獲得したとき、どの範囲の周波数の音を可聴領域とし選ぶことになったのか。その必然性は、いったいどこにあるのか。自然界にあるさまざまな音のなかから、人間が選んだ音の範囲と感度の意味は、いったい何であるのか。

これは、音のみならず、光(色)にもあてはまる。

當山日出夫(とうやまひでお)

『独学の精神』2009-05-06

2009/05/06 當山日出夫

前田英樹.『独学の精神』(ちくま新書).筑摩書房.2009

私も、この本の著者と同様に、職人さんの仕事を見るのが好きである。我が家は、10年ほど前に立て替えた。そのとき、ほとんど、毎日、大工さんの仕事を見ていた。中で一番感心してしまったのは、床の間を組み立てる(まさに、組み立てる、としか言いようがない)ところ。

3次元空間をイメージできる能力がないと、大工さんはつとまらないな、と感じた。

さて、『独学の精神』は、昔、多くの小学校にあった(私の通った小学校にもあった)二宮尊徳の、薪を背負って本を読むすがたの、読解からはじまる。なぜ、人は学ぶのか、学ぶ価値があるものとはなんであるか。終始徹底して、学ぶとは何であるかを、問いかけつづけて、一冊の新書本にした、という本である。

どんなにすぐれた先生がいようと、学ぶと覚悟を決めたからには、一人で学ぶしかない。いや、逆にいえば、すぐれた教師は、学生に、一人で学ばせる。(いま、そんなことやったら、先生は何も教えてくれません、授業料返せ、とクレームがつく。)

著者は、「まえがき」で、こう記している。

>>>>>
ほんとうに大事なことは、何ひとつ教えることができない。この自覚のないところに、教育があるだろうか。(p.8)
<<<<<

E-ラーニング、など考える暇があったら、ものを学ぶとはそもそも人間にとってどういうことなのか、考えてみた方がよい。

當山日出夫(とうやまひでお)

あ~、これから忙しい2009-05-06

2009/05/06 當山日出夫

5月~6月は、いろいろと用事がある。

5月22日(土) 情報処理学会CH研究会(東大)
5月23日(日) 訓点語学会(京大会館)
※連続するのは、つらい。

5月30日(土)31日(日) 日本語学会(武庫川女子大)

6月5日(金)6日(土) アート・ドキュメンテーション学会(立命館)

読まねばならない本は、たくさんあるし。

「独学の精神」でいくしかあるまい。

當山日出夫(とうやまひでお)

『雷撃深度一九・五』2009-05-07

2009/05/07 當山日出夫

池上司.『雷撃深度一九・五』(文春文庫).文藝春秋.2001.(オリジナルは、新潮社.1996)

私が知る限り、日本で最高の潜水艦小説である。

今日、帰りがけに本屋さんによったら、映画『真夏のオリオン』の割引券が、レジのところにおいてあった。まあ、なにげなく手にとって、家に帰ってみてみると、原作『雷撃深度一九・五』(池上司)とあるではないか。

で、(いまどきだれでもそうだろうが)、Googleで検索。福井晴敏が、手を加えているとのこと。余計なことせんでもいい、というのが率直な感想。

だからといって、福井晴敏を悪く言うつもりはない。『終戦のローレライ』は、読んでいる。最後の艦長の命令の一言を目にするだけでも、ページをめくって読んでいく価値はある。

しかし、どう手を加えようと、原作を上回るようにはできないだろう。やはり、伊58潜水艦と、重巡洋艦インディアナポリスとの戦いを純然と描くに限る。そして、インディアナポリスは、何を積んでいたのか……このあたりは、すでに、いくつかの小説で描かれているところでもある。

う~ん、というよりも、原作に忠実にといっても、もう、今の若い世代には、無理かなとも思う。なにせ、これを書いている私の頭のなかでは、最高の潜水艦映画としては、『眼下の敵』が思い浮かぶのであるから。

なお、池上司の作品は、だいたい読んでいるつもりであるが、『ミッドウェイの刺客』(文春文庫)もいい。おすすめ(すくなくとも、『眼下の敵』が好きなような人には。)

當山日出夫(とうやまひでお)

デジタルの潮流について雑感2009-05-07

2009/05/07 當山日出夫

ここしばらくの『ARG』でのイベントカレンダーなど、見ていくと、昨年から今年にかけて、大きく流れが変わってきたように思える。個々のイベントではなく、大きな流れを見てみたい。

たとえば、最近の研究会では、

・『もう、「本」や「図書館」はいらない !?』
 図書館は視えなくなるか?-データベースからアーキテクチャへ -

・総合学術辞典フォーラム- 学問の危機と学問2.0-

・研究・教育のためのデータ連係ワークショップ(第1回)

などである。

それに、文部科学省による「デジタルミュージアム構想」もある。

また、本としても、

・『デジタルアーカイブにおける「史料基盤」統合化モデルの研究』、勉誠出版

・『歴史知識学ことはじめ』、勉誠出版

・『地域情報学の創出』、勉誠出版

・『情報歴史学入門』、金壽堂出版

・『日本文化デジタル・ヒューマニティーズの現在』、ナカニシヤ出版

などが、あいついで出版されている。(細かな書誌は省略)。

この大きな潮流の変化のなかで、すでに、生き残りをかけた戦いが、始まったともいえるかもしれない。もちろん、この他に、「しにせ」というべき、人文科学とコンピュータ研究会や、情報知識学会などの活動もある。

さあ、どうなるか、である。

當山日出夫(とうやまひでお)

アーカイブズから学ぶもの(2)2009-05-08

2009/05/08 當山日出夫

JSAS 日本アーカイブズ学会
http://www.jsas.info/

アーカイブズから学ぶもの(1)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2009/05/02/4282741

先日、「デジタルアーカイブ論」の授業で、国立公文書館・アジア歴史資料センターの紹介DVDを、学生に見せた。本物の歴史の史料を、自由に無料でインターネットで見られるシステムに興味関心を寄せた学生もいれば、「こんなものつまらない」と意見を記した学生もいる。もし、完全に、無記名で、ということであったならば、おそらく、否定的な意見はさらに多くなった可能性がある。

たぶん、その根底にあるのは、「自分たちはCG映像クリエイタなのである、過去の文書のデジタル画像なんぞに興味は無い」ということになるのだろうと、推測する。

これはこれといいとしても、問題なのは、今の学生が、そもそもアーカイブズに価値を見出さない、という社会的環境・教育環境にあることかもしれない。たぶん、
M(博物館・美術館)
L(図書館)
A(アーカイブズ、文書館)
の違いを知らない。(まあ、だから、教えているわけなのだが)。そして、そのうえで、「デジタルアーカイブ」について考えなければならない。むずかしい。

ところで、考えて見れば、「のこす」ということは、ある意味で、クリエイティブな作業である。何を残すか(棄てるか)、選別評価という作業がともなう。これは、過去~現在~未来を、みとおす幅広い知見がないとできない。

もし、自分がクリエイタであろうとするならば、ものを「つくる」ということ、過去のもの「つたえる」ということ、そして「のこす」こと、これらの関係を、感覚的に体得している必要がある、と私は思う。「つくる」ということに過度に価値をおきすぎて、みんなが、独創的な天才的クリエイタになれる、という幻想をいだいているかのごとくである。

私個人としては、日本には日本なりの「のこす」思想や文化があったと思っている。日本にある「のこす」思想を発掘すること、これも、また重要なことである。

「のこす」ことの文化的違い。これもまた、アーカイブズから学ぶべきものの一つであるにちがいない。それをふくめての、アーカイブズ教育だろうと思う。

當山日出夫(とうやまひでお)