新年から仕事である2010-01-01

2010-01-01 當山日出夫

今日から、日付をATOKで自動入力するのに、「2010」から入力しないといけなくなった。「00」年代も過去のものになった。この年末年始は、『1968』(小熊英二)を読みつつすごしている。というよりも、壊れたパソコンを新しくして、再設定で、ソフトのインストール、アップデートなどのあいた時間に、本を読んでいるという状態。

思わぬアクシデントで、予定が大幅にくるってしまった。これが、同時並行で、徐々に新しいパソコンに移行していくというのなら、楽なのであるが。なれているということで、買ったのは、あえて古いVista(HomePremium)のマシン。いずれ、Windows7には、変更するつもりでいるが、それは、もう少し時間をみてからにしよう。

一太郎の新しいのが出る。それに、MSオフィスの2010を確認してから。7のプレインストールマシンを、別に一台新しくしてもいいかと思っている。文字のことをやっていると、現時点では、XPとVisitaと7と、それぞれに現役であるので、すべての文字を見比べて見る必要がある。ここしばらくは、古いマシンも必要なのである。私の場合。

さしあたっては、年賀状書きである。

私の場合、かろうじて年末内に出せたが、だいたいそういう人は、そう律儀であるはず(あるいは、時間に余裕がある立場)ではない。きたとしても、明日以降のことになるだろう。が、ともあれ、もらった年賀状のうち、出し忘れていた人の分については、返礼の賀状を出さないといけない。

それから思うこと。パソコンのOUTLOOKのフォルダがふっとんでしまったおかげで、いろいろ考えた。これは、式年遷宮のようなものかな。数年に1回ぐらいで、メールの送受信履歴、連絡先一覧をリセットするのも、必要かもしれない。

何かの都合で、連絡先に登録してしまったひとというのがある。消すには、しのびない。(気がよわいせいか)。

このとき、以外と便利かと思うが、メールアドレスを、テキストにして、テキストファイルで保存しておくこと。分野ごとにわけて、いくつかのテキスト(文書)ファイルにしてしまえば、100名以上でも簡単に管理できる。

とりあえず保存しておきたいメールアドレス、(名刺を探し出すのは面倒、不可能、まちがえたら困る)、常に連絡先一覧に保存しておきたいアドレスと、いろいろとある。これと、Gメールと、うまく組み合わせて使っていくようにしようかと思っている。

ちなみに、WEBブラウザ(Firefox)のブックマークも全部ふっとんでしまった。これも、式年遷宮方式で、心機一転、ゼロから再構築である。記憶をたよりに、リンクをたどるとどうにかなる(だろう)。

當山日出夫(とうやまひでお)

じんもんこん2009覚書(4)2010-01-01

2010-01-01 當山日出夫

いよいよ「00年代」にわかれをつげたのだが、「じんもんこん2009」の整理の方が終わらない。はやく「09」を終わりにしたい。

初日の講演会。

The Sparrow Flitts Through : From Humanities Computing to the Digital Humanities

話しは、Geoffery Martin Rockwell さん(Alberta大学)。

「人文学とコンピュータ」の時代から「デジタル・ヒューマニティーズ」へ、ということにでも、なるだろうか。逐次通訳だったので、私でも、非常によくわかったのだが、これは言語についてのこと。内容になると、いまいち、よくわからない、いや、わかるのだが、今の日本の状況と比較して、ではいったいどうすればいいのかがはっきりと見えてこない、そんな印象だった。

話しの中心は、テキスト処理。大型計算機を使ったコンコーダンス作成の時代から始まって、現在のコーパス言語学への流れと理解すればいいだろうか。それに、WEBの利用が重なる。単に人文学研究にコンピュータをつかって「便利」になったという時代が、かつてあった。その時代から、量が質を変えるようになる……その結果、デジタル環境での人文学研究の確立へ、だいたいこのような流れだと理解した。

これは、日本でも同様といえばいえる。むかしの、(いまでは覚えている人も少ないだろうが)「テキストデータベース研究会」の時代から、現在への流れを見ると、単なるコンピュータを使った人文学研究、というレベルから変わってきたことはわかる。

ただ、日本の場合、欧米とちがうのは、それがいい意味でも、悪い意味でも、テキストを中心としないで、画像処理・GISなどをふくんだ多様な展開をしていることにあるだろう。これを、すばらしいと見るかどうか。

あえて否定的に見解をしめせば、日本の場合、「日本語」の特殊性もあって、日本語の自然言語処理という特殊分野が独立してしまった。そして、通常の人文学研究に、そのテキスト処理の技術が還元され活用されているとはいえない。これをマイナスに評価することもできよう。あくまでも人文学の中軸は、テキストの読解にあるのだ、という考え方がないわけではないのであるから。

しかし、その一方で、モーションキャプチャやGISをふくめて、デジタル・ヒューマニティーズ(強いていえば、「人文情報学」)が、なりたちつつある。テキストの呪縛からの解放と、積極的にプラスに評価することもできるだろう。

どのように評価するとしても、日本の場合、テキスト処理を軸にしての人文学でのコンピュータ利用で、革命的な変革がおこっていない、ということだけは確認してよいかと思う。

ところで、印象的だったことを記しておくと……講演において、グーグルブックサーチのことを、すでに大前提に話しをすすめていたこと、である。この点は、日本には該当しない。これは、やはり、日本の状況においては、不幸というべきではないだろうか。

膨大なテキストデータ(その代表が、グーグル)があることを大前提にしている欧米の「デジタル・ヒューマニティーズ」と、テキスト以外に多様な展開をしめしている日本の「人文情報学」。そして、日本からとおざかってしまったグーグルブックサーチという黒船。このようなことを、漠然と思いながら講演を聴いていた次第である。

當山日出夫(とうやまひでお)