言語生活2010-01-29

2010-01-29 當山日出夫

さて、ようやく出かける準備がだいたいできた。明日は、文字研究会(第4回ワークショップ:文字-言語生活のなかの文字-、国立国語研究所)である。当日、朝一番に行ってもまにあうのだが、やはり、一番の発表(と、開会の挨拶もある)ので、前日から行っておくことにする。

ついでに、というわけではないが、今晩は、学生のときの恩師と会う予定になっている。

発表のレジュメ類は、昨日までに国語研の方に送信しておいたので、プリントしてくれるはず。ノートパソコン(レッツノート)は、無事に動くことを確認。

別に、パワポのデータのはいったUSBメモリだけでもいいようなものである。といっても、自分のを持っていくのが慣れているので楽。それに、使用のフォントを、ヒラギノを使っているので(レッツノートだけれど)、そのまま他のパソコンにというわけにはいかない。フォントを埋め込むのも可能であるが、とてもデータが大きくなる。

ところで、言語生活、といっても最近の若い人には、もうわからないだろうなあ、とは思う。私の学生のときまでは、雑誌『言語生活』は現役であった。最終号ももっている。

独立行政法人になり、いまは、さらに、大学共同利用機関法人になった、国立国語研究所で、あえて、むかしの「言語生活」という言葉を持ち出してきてみる。これも、ささやかな、一種の意思表示である。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2010/01/29/4842406/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。