文字研究会無事におわった2010-01-31

2010-01-31 當山日出夫

文字研究会(2010年1月30日、国立国語研究所)、無事に終了して、なんとか我が家にかえったところ。東京にいくとに買ってしまった『ベルリン飛行指令』(佐々木譲、新潮文庫)を読んでいる。それと、『ルポ貧困大国アメリカII』(堤未果、岩波新書)。

ともあれ、ひとしごと終わってやれやれ。

次に発表するとすると、
2月20日に、「障碍」の表記についてのシンポジウム
さてその次、3月の恒例の、京大人文研の「東洋学へのコンピュータ利用」である。今回は、締め切りがはやい。どうしようか。でもまあ、せっかくだから、がんばってみるか。DVD版『内村鑑三全集』の製品版の話しも、しておかなければならない。去年は、その試作版の話しだったから。

とにかく、次回の文字研究会は、改定常用漢字表のことで、実行するぞ、と宣言してしまったので、ひくわけにはいかない。実際には、担当のひとにやってもらうことになるのだが、一応、会の代表として、全体を見ておかないと。

それから、その次のテーマは何がいいか。昨今の流れをみると、電子出版と文字、というようなのが思い浮かぶ。どうなるかわからないが。

今晩は、ゆっくりとすることにしよう。

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2010/01/31/4849540/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 実験る〜む - 2010-01-31 23時31分05秒

すでにあかつきさんがレポートをあげてらっしゃいますが、文字研究会のワークショップ「文字―言語生活のなかの文字―/第1回研究会」を聴講�...