プログラムがだいたい決まった2010-06-03

2010-06-03
當山日出夫

7月3日開催予定の、

DVD版内村鑑三全集刊行記念シンポジウム

だいたいプログラムが決まった。一両日のうちに、このブログにオープンの予定。

午後1:00~5:00、ということで時間を設定。1:15開始ということで、プログラムを考えた。純然たる人文学系からの内村鑑三研究、それに、実際にDVD版を作成した印刷業の方の話し。さらには、電子書籍一般論にいたるまで、幅ひろく考える会にする予定。

ただ、ひとつ、まだ、考えていないの「懇親会」。さて、どうしたものか。あらかじめ予約をいれておくか。自然な流れにまかせるか。まあ、どうせ、すぐには帰らないで、三鷹の駅あたりで関係者で集まってということにはなるだろうけれど。

當山日出夫(とうやまひでお)

『ARG』428号の感想2010-06-03

2010-06-03 當山日出夫

一週間おくれてしまっているが、周回遅れで、『ARG』428号の感想をすこし。

読んでためになる、おもしろいのは、

第2回マイニング探検会(マイタン)の参加報告記

書いているのは、三津石智巳さん(ARGインターン)。まず、USTREAMの中継録画、それから、togetterのまとめの紹介がある。これは、とても親切。

ついで、
・つぶやけ! CiNi
の紹介。これは、WEBブラウザの拡張機能として、CiNiiで検索した結果を、すぐに、Twitterでつぶやけるというもの。情報の共有、あるいは、自分自身での、検索のメモ、備忘録として、有効に利用できるのではないだろうか。

それから、第2回マイタンの概要。これも、非常に適切にまとめられていると思う。なによりも、この日は、事前にパワーポイントのスライドが公開されていたのがうれしい。私自身も、中継を見ていたのだが、事前にスライド全体にざっと目をとおしておくと、だいたいどんな話しなのか、とてもよくわかる。

このような方式、他の学会などでもマネしていいのではないだろうか。事前に論文(予稿集)というのがある。であるならば、事前に、パワーポイントのスライドを見られるようにというのもいい。

ただし、私の考えとしては、発表のレジュメ、予稿、その代わりに、パワーポイントのスライドをプリントアウトして配布というのは、あまり、好きではない。パワーポイントは、あくまでも「見る」だけのもの。説明は、きちんとした文章にしてと、思う。(このあたり、人それぞれに考え方の違いはあるだろうが。)

マイタンの概要を述べた後で、【参考】として、当日、紹介された、形態素解析ソフトや検索ソフトなどについて、そのURLが一覧としてかかげてあるのは、非常に役にたつ。

発表のパワーポイントのスライドと並行して利用すれば、これだけで、たぶん、大学の授業の数回に匹敵する内容となるだろう。

ともあれ、マイタンの第2回の内容もさることながら、その内容を、このようにまとめて報告してくれる『ARG』、それに、それを書けるだけのスタッフ(インターン)、これも評価されるべきだろう。

『ARG』428号は、おすすめである。

當山日出夫(とうやまひでお)

チラシをつくった2010-06-04

2010-06-04 當山日出夫

7月3日のDVD版内村鑑三全集刊行記念シンポジウム、チラシを簡単につくって、事務局に送信した。シンプルに、一太郎の文書ファイル。相手が一太郎のユーザであることがわかっている場合、文書ファイルで送るのがもっとも手軽にできる。ただし、使用するフォントを、MS明朝など、確実なものを選んでおかないといけなけれど。

チラシを送って、確認がとれたら、一両日中に、このブログで正式に、シンポジウムの件についてオープンしよう。特別にHPをつくってもいいのだけれども、将来のことも考えると、そこまでするほどのこともないのかもしれない。あるいは、いっそのことHPを作ってしまった方がいいのかとも思う。

これは、今後の、私の内村鑑三へのかかわりと、おおきく関係する。本文をルビまでふくめて、マークアップして、形態素解析して、というところまで、踏み込んで使うことになるかどうか、今、まだ決断がつかないでいる。

今後、どうなるかわからないが、ともあれ、シンポジウムのなりゆきを見て、また、周囲のひとたちで、言語処理関係でどれぐらい協力してくれる人がいるか様子を見て、考えることにしよう。

ところで、参加費として、一般が1000円、学生が500円とした。今時の時代、これぐらいはもらっておいていいだろう。資料のコピー代ぐらいは、なんとかまかなえるようにしないといけない。

たしか、100人程度の教室を利用できるはずである。そんなに閑古鳥が鳴くということはないだろうと、楽観的に考えることにする。内村鑑三研究だけではなく、印刷・出版の関係の人にも集まってもらえるように、いろいろ考えなければと思っている。

電子出版になるからといって、出版社・印刷業がいらなくなるとは、私は思っていない。いや、逆に、高付加価値の電子出版のためには、出版社の編集能力と、印刷業の技術が不可欠である。たが、業界全体としての再編というようなことはあるかもしれないが。

當山日出夫(とうやまひでお)

TwitterのスパムDM2010-06-05

2010-06-05 當山日出夫

昨日から今日、TwitterのスパムDMの対応で、ちょっとつかれた。

Twitterだけあって、その旨をメッセージに書くと、対処方法を教えてくれる人がすぐにあらわれる。これはありがたい。どうやら、いわゆる「ウイルス」ではないので、セキュリティ・ソフトでは、対応できないらしい。

教えてもらった、HPに載っていた対応方法を参考に、ななんとか削除。

現在のTwitterの設定では、

設定→連携アプリ

ここで、悪さをしているものについて、許可をとりけす、の対応をすればよいということがわかった。

スパムDMは、電子メールとちがって削除できるのはずなのだが、フォローが多いと、その操作だけでも結構てまどる。おかげで、今日、予定していた仕事が、あまりすすまなかった。

内村鑑三シンポジウムは、明日にでも、掲載ということにしよう。

當山日出夫(とうやまひでお)

ジャパンナレッジ2010-06-05

2010-06-05 當山日出夫

別に宣伝をしようという気はない。しかし、これは価値がある、と思う。

ジャパンナレッジ
http://www.japanknowledge.com/top/freedisplay

多くの人は知っていると思うが、日本国語大辞典など各種の辞典がひける、ポータルサイトである。これに、こんど(来月からか)、『国史大辞典』も加わることになっている。

これに、個人で加入している人は、案外、少ないらしい。月々、2000円ほどかかる。(ま、この前の日本語学会の時にもうしこんだので、少々、サービスで安くなっているが、最初の年度だけである。)

知識というものに、お金をはらう価値があると思うかどうか、その価値観の問題だと、私は感じる。オンラインで使用するから、モノではない。得られるのは、知識。だが、それは、典拠のある確かな知識である。

当然、Wikipediaをはじめ、Google検索など、インターネットであらゆる情報が手にはいる。しかも、タダで。

いろいろ考えて、その典拠としての信頼性、確実性、という点で、私は、ジャパンナレッジを使うことにした。どうせ、読書するのは書斎で、である。パソコンは、常に起動した状態で、目の前にある。すぐ手のとどくところに、確かな知識の宝庫がある、これは魅力的。というよりも、インターネット上の各種の情報と比較するうえでも、これはあった方がいいと、つかいはじめてから実感する。

当然、ジャパンナレッジには出てこない項目もある。しかし、それは、それなりの理由があってのことである。無い、ということにも、また情報としての価値がある。もちろん、その記述の内容にも。

月々、2000円ほど。買って読まないで本を積んでおくのを、すこし我慢することにして(たぶん)、より確実で典拠のある知識を、常に手のとどくところにある、この状態は、非常な安心感を与えてくれる。モノとしての本ではなく、目に見えない知識というものに、コストをかける価値観を持つことができるかどうかである、と思う次第である。

當山日出夫(とうやまひでお)

DVD版内村鑑三全集刊行記念シンポジウム2010-06-06

2010-06-06 當山日出夫

正式に、ここに「DVD版内村鑑三全集刊行記念シンポジウム」の案内を掲載することにします。どうかみなさんふるってご参加ください。

===================================

●DVD版内村鑑三全集刊行記念シンポジウム

日時:2010年7月3日(土) 1:00~5:00
場所:国際基督教大学(ICU)本部棟206室
主催:内村鑑三全集DVD版出版会有志
協賛:ICU千葉眞研究室
企画:當山日出夫

国際基督教大学アクセスマップ
http://www.icu.ac.jp/access/index.html
キャンパスマップ
http://www.icu.ac.jp/info/facilities.html

参加費・資料代 1000円(一般) 500円(学生)

問い合わせ先:
斎藤みち・出版会事務局
saitou_3131■ybb.ne.jp
當山日出夫
htoym■kcn.ne.jp

※事前申し込み不要。直接、会場においでください。

●プログラム

1:00 受付開始
1:15-1:20 開会挨拶(田村光三.出版会)
1:20-1:25 会場校挨拶(千葉眞.ICU)
1:25-1:30 開会趣旨説明(當山日出夫.立命館大学)
1:30-2:00 DVD版全集の経緯(斎藤みち.出版会)
2:00-2:30 近年の内村鑑三研究の動向とDVD版
      (大山綱夫.『内村鑑三研究』編集委員)
2:30-3:00 DVD版全集の実際の利用について
      (柴田真希都.東京大学大学院)
3:00-3:15 休憩
3:15-3:45 DVD版作成の技術的課題(木村素行.精興社)
3:45-4:15 デジタル書籍の最新動向から考える内村鑑三全集DVD版の可能性と課題
      (岡本真.ARG)
4:15-4:45 全体討論(総合司会 當山日出夫.立命館大学)
4:45-4:50 閉会挨拶(斎藤みち.出版会)

●開催趣旨

近年、電子書籍のことが話題になっています。Kindle(Amazon)やiPad(Apple)などの新しいプラットフォームの出現。また、グーグルブックスや、大規模デジタルライブラリ(電子図書館)構想など、あらたな潮流として、書籍とデジタルをめぐってわきおこってきています。

このような流れのなかにあって、昨年、DVD版『内村鑑三全集』が刊行されました。これによって、全40巻の全集の本文について総合的な検索が可能となり、また同時に、デジタル書籍としての利用も視野にいれたものとなっています。では、このDVD版全集は、今日の電子書籍や電子図書館の動きのなかで、どのような意味をもつものでしょうか。人文学研究者にとって、DVD版の刊行は慶賀すべきことではありますが、これによってどのような研究領域がひろがっていくのか、さらに考えてみるべきであります。

本シンポジウムでは、内村鑑三研究の専門家の諸先生、実際にDVD版の作成にあたった印刷業の方(精興社)、さらには、近年、電子図書館について活発な活動を展開している岡本真氏(ARG)をむかえて、総合的に、これからの、内村鑑三研究、人文学研究とデジタル技術、電子図書館の将来、などの諸問題について、多様な視点から議論する場としたい所存です。

===================================

JADS年次大会に行く2010-06-10

2010-06-10 當山日出夫

明後日から、JADS(アート・ドキュメンテーション学会)の年次大会が、慶應(三田キャンパス)である。役員なので、いろいろ準備とかしなければならないので、明日から東京。

そのついでに、7月3日のDVD版内村鑑三全集刊行記念シンポジウムの打ち合わせなど、あれこれと用事がはいっている。となると、今日までのうちに、来週の分の予習というか、授業の準備を全部おえておかないといけない。

日曜日の夜までにかえって、月曜日から授業が始まる。というわけで、その準備がいろいろ・・・・・・だが、今回のJADSが終わると、少し時間に余裕ができる。だから本が読めるというわけではないが、予習と準備に追われるという状況からは、ちょっと抜け出せそうである。

いまから考えれば、特に研究発表まで申し込むことはなかったように思える。しかし、三田のキャンパスで、私の関連する学会が開催、ということは、今後、あまり期待できないので……ここは、あえて研究発表を申し込んだ。たぶん、むかし、学生の時につかったことのあるはずの教室である。

かえったら、ゆっくりと『天皇の世紀』(大佛次郎)でも読みたいと思っているのだが。

當山日出夫(とうやまひでお)

『日本語作文術』2010-06-10

2010-06-10 當山日出夫

野内良三.『日本語作文術』(中公新書).中央公論新社.2010

学生に作文の授業を教えている。いまの様子では、新しく、別に授業を担当することになりそうな雰囲気である。ま、来年度のことだから、なんともいえないが。

いま、教えているのは、「アカデミック・ライティング」。要するに、大学生に、まともな文章の書き方、あるいは、文書作成を教えるための授業。その練習として、この本、なかなかつかえるかなと思って読んだ。

特に参考になるかなとおもったのは、わかりやすい文章をかくためのいろんなテクニック。なるべく短い文で書く。たとえば、関係代名詞節などのおおきなものは、はじめの方にもってくる。読点のうちかたを工夫する。などなど。かなり、実践的に役にたつ。これを参考に、練習問題など、次年度からでも、当たらしく作ってみようかと思う。

なによりも書いて練習すること。これが一番である。ただ、文章の書き方の講釈を聞くだけでは、畳の上の水練。少しでも自分の手をうごかす……キーボードを打ってみる……ことが必要。それに、学生としても、ただ、講釈・解説を聞いているだけでは、90分がつまらないだろうし。

それから、この本でナルホドとおもったのは、いわゆる「かたい文体」の文章の書き方。論文は論文らしく書く…と、抽象的に言っても、なかなか説明しづらい。これが、「翻訳調」の文体で書くには、どうすればいいか。抽象的な概念を主語にもってくるなど、かなり具体的に書いてある。これは、参考になるかなと思う。

當山日出夫(とうやまひでお)

今日いったところ2010-06-11

2010-06-11 當山日出夫

いま、東京で宿についたところ。
今日、行ってきたところは、以下のとおり。

国立情報学研究所
国立近代美術館
精興社
毎日新聞社
丸善(ARGトーク)

つかれた。明日から、JADS(アート・ドキュメンテーション学会)の本番。
さて、明日、なんとかのりきろう。明後日は、発表だし。

當山日出夫(とうやまひでお)

今日からJADS2010-06-12

2010-06-12 當山日出夫

今日から、JADS(アート・ドキュメンテーション学会)である。役員なので、あれこれと準備で、早い目にいかないといけない。とはいえ、こんなにはやくから起きていることもないのだが、目がさめてしまった。旅先だと、あんまり眠れないなあ、と。

持って行くカメラなどの準備。今日のメインは、取材。明日は、自分の発表。

天気予報をみると、東京の天気は、明日までなんとかもちそうだが、家にかえったら、雨になっているかもしれない。まあ、学会が雨にならないことを願うこととしよう。

ところで、昨日のARGトーク、いろいろおもしろい話しはあったが、そんなに「想定外」の話しはでなかったかなとも思える。もう、すでに、電子書籍をめぐる論点は、一応、でつくしているかな、という印象。これからは、では、具体的に、たとえば、『夏目漱石全集』のデジタル化をどうするか、というような、個別的な問題を、実際に考えていくことになるのではないだろうか。

このあたり、学会が終わって、家にかえってから、考えてみよう。

當山日出夫(とうやまひでお)