文字研究会は8月11日です2010-07-18

2010-07-18 當山日出夫

文字研究会の詳細版が決まりました。詳しくは、次のURL

https://sites.google.com/site/mojiken/activities/5th_ws

=============================================

第5回ワークショップ:文字―「現実」から見た改定常用漢字表―

日時 2010年8月11日(水)
場所 東洋大学白山キャンパス 6号館2階 6209教室
主催 文字研究会
後援 京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター
   漢字文献情報処理研究会
参加費 1,000円(当日、会場入口にて受付けます)
参加申込 とくに必要ありません。ただし資料や懇親会の準備の都合がありますので、なるべく前日までに下の申込書にご記入の上、メールでお申込み下さい
(送付先:小形克宏 ogwata■mac.com(■を@に替えてください))。

----------------------------------------------------------------------
「ワークショップ: 文字」参加申込書
お名前:
ご所属:
懇親会に参加 する/しない
----------------------------------------------------------------------

趣旨説明
改定常用漢字表とは何か?
小形克宏(文字研究会)

第1部 「漢字調査」から考える

文化庁の出現頻度数調査から改定常用漢字を考える(仮)
漢字文献情報処理研究会

ウェブ上における使用実態統計から改定常用漢字を考える
萩原正人(バイドゥ プロダクト事業部)

休憩

第2部 「現場」から考える

国語教育の現場から改定常用漢字表を考へる
前川孝志(都立若葉総合高校)

新聞表記と常用漢字改定
比留間直和(朝日新聞 東京本社校閲センター)

改定常用漢字表で情報システムはどうなるのだろう?
関口正裕(富士通)

休憩

第3部 みんなで考える
パネルディスカッション パネリスト+幹事プラスアルファ

企画趣旨

2010年6月7日、常用漢字表の改定がに答申されました。何事もなければ年内にも内閣告示されます。社会の注目度は必ずしも高いと言えませんが、この改定が広汎な分野に影響をもたらすのは確かです。

常用漢字表は、文部科学省の管轄する学習指導要領、法務省の人名用漢字、経済産業省のJIS文字コードの根幹をなします。国や地方自治体が作成する公用文では、これにもとづいて漢字を使うことが決められており、新聞・放送の表記基準でも強く意識されています。

現行の常用漢字表の制定は29年前の1981年です。その頃と現在とでは、地殻変動的な変化がおきていることは、誰の目にも明らかです。その最も大きなものがインターネットや、種々の情報機器のコモディティ化でしょう。今回の改定もこうした社会全体の変化に対応しようとするもののようです。しかしこの「変化」とは、まだ誰一人として経験したことのないものであることに留意すべきです。

そうであるならば、新しい常用漢字表について考えるには、旧来の本や資料から得た知識による前に、まず「現実」に目を向けることから始めるべきではないか。私たちはそのように考え、今回のワークショップを企画しました。

第1部の「「漢字調査」から考える」では、各種の漢字調査を題材に、現代社会における漢字使用の実態はどのようなものであるか、またそこから見て、今回の改定はどのように捉えられるか、気鋭の研究者達が迫ります。

第2部の「「現場」から考える」では、現場の国語教師、新聞制作の現場等といった、直接に改定の影響を受ける人々に、それぞれの現場がどのように変わり得るのかをお話しいただきます。

実り多い日本語の未来のために、今回の改正からできるだけ多くの教訓を汲み取りたいものです。一人でも多くの方々のご来場をお待ち申し上げます。

===================================

當山日出夫(とうやまひでお)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2010/07/18/5226004/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ ブログ-箱庭.net - 2010-12-05 14時13分37秒

Twitterの静岡新聞のアカウントの中の人が、いつぞやのつぶやきで記事を書くときの注意していること、アドバイス的な内容がいっときありまして。その中で、新聞記者の辞書?ハンドブック?があるとのつぶやきで、思わずアマゾンで検索してしまいました。それが、この記者ハンドブック。検索して見つけたときはまだ、先にある、常用漢字の改定を知らなかったので、注文確定した後にニュースで常用漢字が大改定!なんてやったときには、しまった!と思ったけど、新聞用字用語集、第12版、今回の大改定に対応済み!です。よかったー。昔、とあるアーチストのファンクラブ入って、最初に手にした会報が「解散します!」だったときのショックを彷彿させる、買いタイミング失敗事例になるかと。まったく。ふー。よくみたら、発行が2010年10月28日だしね。最近です。注文から届くのが遅くなったのは、たくさんの人が注文殺到したからかなー。さて。インターネットで、相手に文字で伝える機会がとんでもなく増えてしまった現代。日本語って難しい。仕事の関係で、文字で多くの人の目に触れる機会が、ちょびーぃっと増え、更に内容に興味津々だったのが購入理由。この本、買ってみて、損はない!というより、これは「読みもの」としても、面白い!用語の使い方、言い回しの統一、助数詞、県庁所在地市町選挙のフォームや紛らわしい法令関連用語。中には死亡記事の書き方のフォームなども掲載しているのですよ。いちじさんぎょうこれを新聞記事にすると、1次産業となるそうな。たった140文字で伝えるTwitter。たくさんの人に読まれる、企業系つぶやき、中の人なら、この本は読んで損はないです。中学生、高校生の新聞部の生徒さんたちにも、是非読んで欲しい。新聞読む、前に記者ハンドブック読む、なんて、裏の裏をかいたみたいで、デキる子っぽいじゃない 学校や会社に図書の担当があれば、希望を出しておくのもありだと思います。Amazonで購入する 記者ハンドブック 第12版 新聞用字用語集...