『ARG』444号の感想2010-09-17

2010-09-17 當山日出夫

『ARG』444号の感想である。発行部数5042部。個人的に勝手なことをいえば、『ARG』の活動はこれからだな、と思う。ARGの活動も、新たな段階にさしかかってきたのではないかなと予感する。

その一つは、まず、

「関西ウィキメディアユーザ会設立のお知らせ」(関西ウィキメディアユーザ会)

である。私自身、昨年の、ウィキメディア・カンファレンス2009(東京大学)に行って話しをしてきている。その経験から言って、このような自主的な会ができて、活動をはじめているというのは、実に頼もしい感じがする。そして、それが、ARGという場で紹介されることにも意義がある。

ただ、私は、Wikipediaについては、(特に、日本の)については、全面的に、信頼しているというわけではない。しかし、その可能性については、非常に期待している。

基本的には、百科事典的な知識とはなんであるか、言い換えれば、独自研究ではない、一般的に共有できる知識とは、どのようなものであるべきか、ということになるのかと思う。また、その一般のレベルも、専門的知識の程度によって様々である。しかし、百科事典的な知識とは、そもそもなんであるかは、まさに今といかけなおすべきときにきているように思える。

それは、一方で、WEB自体が、グーグル検索などと一緒になって、一つの巨大な百科事典のようになりつつある、という現象が片方にあるからである。このような状況の中にあってこそ、では、そもそも、百科事典的な知識とはどんなものであるのかが、きちんと考えられなければならない。

このことの意義は重要なものだと思っている。

それから、特に、教育現場で、Wikipediaをどのように活用していくのが、よいのか。完全に否定するのでもなく、野放しで利用でもなく、その特性をふまえたうえで、よりよく活用するには、どんなふうにすればいいのか。これも、実は、まだ始まったばかりであるといえよう。

次に、「第9回ARGカフェ&ARGフェスト@京都への招待(9/19(日)開催)」。

急にきまったことなので、ARGカフェの方には、残念ながらまにあわない。後半の方だけ、どうにか参加できる予定である。いずれ、これも、ライトニングトークの内容など、ブログなどで紹介されるだろう。たのしみにしている。

當山日出夫(とうやまひでお)