『ARG』468号の感想2011-03-01

2011-03-01 當山日出夫

『ARG』468号の感想である。

今回、目につくのは、インターンの書いた記事。

・「宮古島へ行ってきました。」有本よしの
・「京都国際マンガミュージアムに行ってきました」平山陽菜

と、ここまで書いたところで、気づいた。リンクがまちがっている。

宮古島の方、

続きは、

http://www.arg.ne.jp/node/6984

でご覧ください。

とあるのは、

http://www.arg.ne.jp/node/6987

であるべきもの。書いてあるリンクだと、京都国際マンガミュージアムの方につながってしまう。(う~ん、ここでインターンの責任であるとは書くつもりはないが、まあ、事実こうなっているということで書いておく。)

個人的な感想をいえば、まず、宮古島の方は、いけなかったが、Ustreamでの中継は、可能な限り見ていた。そこで感じたことととしては、米国占領下における文化政策として、その記録をきちんと保存しておくべきことの価値である。現地の人にとっては、もう忘れてしまいたいことなのかもしれないが、しかし、ここは冷徹なアーカイブズの感覚が必要になるだろう。将来にとって、資料(史料)を残すことの意義を、現在の我々の責務と考えねばならないと、思う次第である。

それから、京都のマンガミュージアム。ここは、数年前に、アート・ドキュメンテーション学会の年次大会で会場につかったので、覚えている。昔の、京都の小学校を再利用している。だから、ミュージアムとしての運営も、京都精華大学と、地元との共同の上になりたっている。また、その建物それ自体も、昔の京都の小学校を残しているので、とても興味深い。

當山日出夫(とうやまひでお)

テキストが品切れである2011-03-02

2011-03-02
當山日出夫

学校の方から連絡があって、テキストにつかう予定の本が、品切れとのこと。

小池清治.『日本語はいかにつくられたか』(ちくま学芸文庫).筑摩書房.1995

である。

ねんのため確認してみると、本やタウンでは、まだ、在庫はある(2冊)。Amazonでも在庫はある。

しかし、筑摩書房のHPでは、在庫が、「×」になっている。

やむをない。いたしかたない。次年度は、プリント配布中心ということで授業にするか(日本語史)。この本、日本文学を学ぶ学生にとっては、非常によくできた、日本語史のテキストであると思ってつかってきた。無文字言語であった日本語がどのようにして書かれるようになってきたのか。仮名文はどのようにして成立したのか。また、近代的な口語散文の成立。

今の研究からすれば、やや時代におくれたところもないではない。しかし、それは、教えるときに、補えばいいだけのこと。上述のような、日本文学と日本語について、論点をしぼって簡単に書いた本がほかにあるだろうか。

ともあれ、次年度の教材準備が、たいへんになってきた。

當山日出夫(とうやまひでお)

パソコンの設定など2011-03-03

2011-03-03 當山日出夫

ついに、ふるいXPマシンが、動かなくなった。

まあ、データの類は、外付けのHDに保存してあるので、実害はない。(すでに、もうほとんどつかわなくなっていということもあるし。)

7のマシンにいれかえ。その設定などで、半日つかってしまった。

今日はひなまつり。とても寒かった。明日から、学科発表などの仕事に本格的にとりくむことにしよう。

ひさびさに(一年ぶりか)、書斎に机がふたつつかえるようになった。これで、すこしは仕事がはかどるだろうか。

當山日出夫(とうやまひでお)

CH90募集2011-03-04

2011-03-04 當山日出夫

情報処理学会/人文科学とコンピュータ研究会で、次回の研究会の募集がはじまっている。

2011年5月21日(土)
同志社大学室町キャンパス

発表申し込み締め切り 2011年3月22日(火)

詳細は以下のURLより、

http://www.jinmoncom.jp/

當山日出夫(とうやまひでお)

『きまぐれ砂絵』2011-03-05

2011-03-05 當山日出夫

花粉症のシーズンは、本を読むのもつらい。

で、これぐらいなら(といっては、しかられるかもしれないが)と思って読んでいるのが、「なめくじ長屋」のシリーズ(都筑道夫)。光文社時代小説文庫。

ようやく、「きまぐれ砂絵」までたどりついた。この巻は、(他の巻でもあるが)、いわゆる古典落語を題材にしている。だからというわけではないが、そのもとになる話し(噺)を知っていないと・・・しかし、知らなくても十分に楽しめる作品にはなっているが。

ここ数日の間に、書いてしまわなければいけないものもあるが、なんかとのりきれるだろう。

當山日出夫(とうやまひでお)

訓点語学会で発表2011-03-06

2011-03-06 當山日出夫

5月22日、訓点語学会で発表する。京都大学文学部。

七、園城寺『弥勒経疏』の訓点について ―角筆・白点・朱点をめぐって―
 石井 行雄・當山 日出夫

http://wwwsoc.nii.ac.jp/kuntengo/happyo.html


今日は、その発表の準備のうちあわせ。これから、園城寺・奈良博とも、いろいろと連絡しなければならない。発表の『弥勒経疏』は国宝指定。園城寺の所蔵であるが、現在、実物は、奈良国立博物館にある。

この次の週は、日本語学会でも発表。これからいそがしい。

當山日出夫(とうやまひでお)

テレビがデジタルになった2011-03-07

2011-03-07 當山日出夫

普通のひとにとっては、どうでもいいことかもしれないが、我が家にとっては、大事件である。やっとテレビがデジタル(地デジ)になった。しかも、BS放送も見られるのである。

家のある周囲の地形の問題で、電波の受信がきわめて悪い。しかも、ちょっと(いや、かなりかも)、山の中にはいるので、ケーブルテレビとかの回線も来ない。かろうじて、NTTのフレッツの回線は、サービスのエリアにはいっている。

今朝から工事。最初、担当の人がきて・・・昨夜からの雨で、地面がぬかるんでいて、足もとが悪いので、とても今日のうちに工事は無理・・・ということだったが、どうにかこうにか、人員をやりくりしてくれたようで、昼過ぎに回線の工事がおわった。で、午後になって、屋内のテレビの方の接続。これも、ついでに、NTTにたのむことにした。

契約しているプロバイダとの契約の関係もあって、(メールアドレスをすぐには変更したくない)、また、いまインターネットで使っている回線は、自分が学生のときに、なけなしのお金で、ひいた電話回線。それを引っ越ししながら、いままで使ってきている。

結果としては、我が家に、フレッツの回線が二回線はいることになって、いささか無駄ではあるのだが、諸般の事情で、しばらくはやむをえない。

ところで、今の生活、ただでさえ、「紙の新聞」を読まなくなっている。見てもTV欄ぐらい。これが、デジタルになって、ますます「紙の新聞」を読まなくなるだろう。

當山日出夫(とうやまひでお)

点字について2011-03-08

2011-03-08 當山日出夫

やっと我が家もテレビがきちんと映るようになった。これまで特に、NHK教育が映らなかった。今日は、ようやく見られるようになった。

午後の8時からの番組・・・点字をはじめよう

これは、見ておきたかった番組。というのも、(個人的にではあるが)いささかの責任を感じているからである。

コンピュータの文字コード規格(JIS X 0213:2000)の制定には、私は、すこしだけであるがかかわっている。そのとき提案したのが、点字をコード化して入れることだった。

結果的には、否決されて、規格に入るということはなかった。いまになって思えば、もうすこし強引に主張すべきであったかとも思われる。あるいはどうであったか。今でも、私のなかで、答えの出ない問題である。しかし、将来にわたって、忘れることはないであろう。

6ビットであるから、64字である。この64の文字が入っていない日本の文字コード規格は、世の中の点字をつかっている人たちに対して、責任があると、個人的には思っている。

當山日出夫(とうやまひでお)

新しいカメラがほしいが2011-03-09

2011-03-09 當山日出夫

新しいカメラがほしいと思って、しばらくになる。

候補1
富士フイルム FINEPIX X 100

候補2
オリンパス E-5(ボディ)

候補1の方は、いま、話題のカメラ(だと、私は思っている)。ちゃんとファインダーのついたカメラである。これを持って、街を歩きたいなと思う。

候補2は、いま使っているのが、E-1、E-3、なので、その延長で、欲しい。

両方というわけにはいかない。さて、どうしようか、というところである。もうちょっと、待って、考えることにしよう。

當山日出夫(とうやまひでお)

『ARG』469号の感想2011-03-10

2011-03-10 當山日出夫

『ARG』469号について、すこし。

今回の号では、早稲田大学演劇博物館のデータベースのことが紹介されている。

『水滸記』抄本データベース
浄瑠璃本画像データベース
能楽タイムズ上演データベース

これらの紹介のなかで、ARGの指摘として、たとえば、このようにある。

>>>>>

非常に有用なデータベースだが、データが表示される詳細画面がパーマリンク
を持っていないことは残念。改善を望みたい。

<<<<<

これには同感である。学術的な資料である。であるからには、直接、その箇所を参照できないと、価値がない。簡単に言えば、「引用」したときの、所在情報がないと困るのである。

今回の号は、他にもいろいろ紹介してあるし、おもしろい内容になっているのだが、ここまでに。(花粉症のシーズンで、どうにもならない。)

當山日出夫(とうやまひでお)