蒼ざめた思想「無常ということ」2016-06-06

2016-06-06 當山日出夫

「過去から未来に向って飴の様に延びた時間という蒼ざめた思想(僕にはそれが現代に於ける最大の妄想と思われるが)」

なつかしいことばである。ひさしぶりに読んだ。

小林秀雄「無常ということ」
千葉俊二・長谷川郁夫・宗像和重(編).『日本近代随筆選1-出会いの時-』(岩波文庫).岩波書店.2016
https://www.iwanami.co.jp/book/b243810.html

「無常ということ」……この文章は、私の高校生のころの国語の定番教材であった。私も、まず、国語の教科書で読んだ記憶がある。そして、その後、小林秀雄の本を文庫本などで読むようになって、何度か読んだ記憶がある。

それが、こんど岩波文庫で『日本近代随筆選』全三巻、の中の一つに収録されている。(現時点は、刊行は二巻まで。)

「なつかしい」と書いた。だが、今になって読み直してみると、昔、高校生のころによくこんな難解・晦渋な文章を読んでいたものだと思う。そうはいっても、小林秀雄の他の作品にくらべれば、まだこれはやさしい方かもしれないが。

そして、読みかえして感じること……「美しい日本語」という、ありきたりの感想である。いや、言語研究者のはしくれとしては、美しい日本語などと言ったりしてはいけないのかもしれない。しかし、この小林秀雄の文章、それから、この『日本近代随筆選』に収められたいくつかの文章をひろい読みすると、そのような感想を抱かずにはいられない。

WEBなどで、日常的に膨大な文章(日本語)を見ていながら、それを「美しい」と感じる感性を、どこかに置き忘れてしまっている自分が、なさけなく思えてくる。

『歴史とは何か』(E・H・カー)など読んで、歴史とはなんであるか……思いをめぐらすのもいいが、時には、歴史に対する感性のようなものを思い起こす必要がある。

「僕等が過去を飾り勝ちなのではない。過去の方で僕等に余計な思いをさせないだけなのである。思い出が、僕等を一種の動物である事から救うのだ。記憶するだけではいけないのだろう。思い出さなくてはいけないのだろう。多くの歴史家が、一種の動物に止まるのは、頭を記憶で一杯にしているので、心を虚しくして思い出すことが出来ないからではあるまいか。」(pp.255-256)

追記 2017-06-05
岩波書店へのリンクを訂正。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/06/06/8105275/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。